FC2ブログ
お知らせ
Take it easyへようこそ!
遊びに来てくださりありがとうございます!
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、 ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。
  • お邸での生活は申し訳ないぐらい快適で…何にもしなくていい生活は、あたしにはちょっと物足りない。贅沢な悩みなんだけど、じっとしているのは性に合わない。タマさんやメイドさんのお手伝いなんかをしていると、どうやらその事が彼のお母さんに伝わったらしく、マナーや語学などのレッスンが組まれた。これまでも、レッスンは受けさせてもらっていたんだけど、それよりも内容は格段にレベルアップしていて、必死で勉強した。妊娠... 続きを読む
  • 「ま〜きの。」「類っ!今日は学校来てたんだ。」中庭の木陰でいつものようにお弁当を食べていると紙袋を持った類が歩いて来た。道明寺もだけど、F3もみんな少しずつだけど仕事を始めたから大学で見かける事も少なくなって来た。「昨日、これ牧野に渡そうと思ってたのに、大学にもアパートにもいなかったからさ。」「ごめんね。ちょっと用事があって…。」「ふーん。お弁当もいつもと違うし、なんかあった??」今日のお弁当は、お... 続きを読む
  • あたしの二十歳の誕生日。本当はそっちに帰りたかったんだけど時間が取れなかったからと、道明寺はNY行きの飛行機のチケットを送ってくれた。彼がNYに行ってから3年…会えたのはフランスでの静さんの結婚式の時と彼の二十歳の誕生日の2回だけ。高校生の時は、5年かかるって言ってたけど、離れていると愛しさが募って来て………道明寺の二十歳の誕生日にあたし達は結ばれたんだ。初めてはお互いが余裕もなくて、痛かったけど彼と一つに... 続きを読む
  • 「牧野さんって可愛いよな。」「いつも愛想良くってさ、笑顔がいいよなぁ〜。」「やっぱり彼氏いるだろ。」「でも、スレて無さそうだし…。」会議が終わって執務室に戻る途中に休憩所から聞こえて来た話。可愛いのは認める。笑顔は俺にだけ向けてればいいのに、あいつ誰にでも愛想よくしすぎだろ。スレてねぇって??あいつの本来の姿をしらねぇから言えるだけだ。ベッドの中でのあいつは……ヤベっ、想像するだけでたまんねぇな。ち... 続きを読む
  • おはようございます(^∇^)ノいつも遊びに来てくださりありがとうございます!『彼は御曹司で…』楽しんで頂けましたか?息抜きで書き始めたお話だったのですが、スラスラ進められたので、連載の途中でしたがUPさせていただきました(´∀`)終始ラブラブで甘いお話でしたが胸焼けしなかったですか(/∀\*)そして…『二つの環』なんですが、お話がかなり行き詰まってます(゚o゚;;ゆっくりお話の内容を詰めないまま書き進めてしまうとお話がブ... 続きを読む
  • 「意外…。」「何がだよ。」「バーベキューなんてした事なさそうなのに、手際がいいから。」「こんなの簡単だろ?」材料も全部準備されていて、焼くだけとは言え、普段は料理もしないのに…。「ほら、肉焼けたぞ。」あたしのお皿に焼けたお肉や野菜を乗せてくれた。「いただきまーす!わっ、美味しい!!」「俺にもくれよ。」お肉の入ったお皿を渡そうとすると、受け取らず食べさせてといった目をしてる。「はい。」「・・・美味いな... 続きを読む
  • 「ねぇ、どこ行くの?」昨日の夜の事もあって、ゆっくりめに起きて、道明寺邸からヘリコプターに乗せられた。「何だ?」「どこに行くの〜?」「着いての楽しみだ。」ほら…と指差された方向を見ると、東京の街並みが小さく見える。「わぁ〜!!東京タワーも、スカイツリーも、レインボーブリッジまで見える!!」子供のようにはしゃぎながら下に広がる景色を楽しんでいると、彼はそんなあたしをじっと見ている。その目がいつも以上... 続きを読む
  • 「なぁ、考えてくれたか?」「ん??」「結婚のことだよ。」「それは……。」付き合ってすぐにプロポーズされているんだけど、半年経った今でもちゃんと返事を出せずにいるあたし。彼との結婚が嫌なわけじゃない。付き合っていくうちに、どんどん好きになっていて、もう離れるなんて考えられない。だったら……。「ほんと意地っ張りだよな。」「・・・」「それにクソ真面目だし、頑固!」当たっているだけに何にも言い返せない。「ま……... 続きを読む
  • 意識を飛ばして眠っているつくし。すげー可愛いの。繋がっている最中に必死に俺にしがみついているのがたまんねぇ。もう手放せそうにねぇ。まぁ、手放すつもりなんて無いんだけどよ。NYに出張に行った際に、ババァと親父に会って、結婚したい女が出来た事を話すと、二人は喜んでいた。今まで、一夜限りの遊びはあっても全く女っ気の無かった俺は、ゲイだと思われていたらしい。しかも、相手がつくしだと知るとババァがすげぇ喜んで... 続きを読む
  • 夢なんじゃないか…って思ったのも束の間。『起きたか??』『身体は辛くねーか?』『昨夜はすげー可愛かった。』『好きだぞ。』『つくしに会いたい…』なんてLINEのメッセージがあたしの携帯に次々と届いた。ふふっ…。仕事の時のイメージと違って、なんだか可愛い。支社長が彼氏になっただなんて信じられないんだけど、下腹の違和感が現実なんだって教えてくれるかのよう。『大丈夫ですよ。お仕事頑張って下さい!私は、朝食頂いて... 続きを読む

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ