FC2ブログ

Crush on 4.5 〜side Tsukasa

つまんねー毎日。


赤札を貼ったりして、ストレスのはけ口にしていても、イライラは治らねー。



俺は道明寺司。
英徳高校 3年生。
ま、知らないヤツはいねーんじゃないかってぐらいでっかい道明寺財閥の御曹司ってやつだ。


ある日、階段を上っていると、「きゃっ」と叫び声を聞き、咄嗟に上から降ってきたヤツを受け止めた。


「ありがとうございます」って顔を上げた俺を見た女は、今まで俺に擦り寄ってくる気持ち悪い女達とは全く別のものだった。




鬱陶しい雨の日。

まあ、移動は車だから濡れることはないんだがな。
ふと窓の外を見ると、傘もささずにずぶ濡れになって歩いてるヤツがいる。
英徳で歩いてるヤツなんかいるのか…と思っていると、そいつはこの前階段から落ちそうになってたヤツだった。


「車を止めろっ!」


車を止めさせ、運転手から傘を奪い取るようにして、女の所へ行き傘を渡してやる。



なんで、傘を貸してやったのかなんて俺にもわからねー。


それから数日後、学校が終わり、迎えが渋滞で遅れていた為、教室で待っていた。
そこにやってきたあの女。
わざわざ傘を返しにしたようだ。



名前は牧野つくしと言うらしく、「好きだから付き合って欲しい」と言われた。

女と付き合うつもりなんてねーし、NOと言えば引き下がると思ったのに、友達になれとか、終いには勉強を教えて欲しいなんて言い出した。


押しは強いものの、何故か嫌な気はしねー。
そんな風に思ってたからか、つい勉強を教える事をOKしちまった。


まあ、1回希望を叶えて断ればいいか…と思ってた俺。
図書館に行き、解らない箇所のヒントを与えてやると、黙々と問題を解いていく牧野。


その間、俺はする事もなかったので、適当選んだ経済の本を読むことにした。
「・・・先輩」と呼ばれて始めて、本を読むことに集中していた事に気付く。
俺は、他人の近く、ましてや女の近くでこんなに集中したのは初めてだった。



俺が断らなければ、次がある訳で、毎週の恒例になりつつある。
牧野とは、図書館で勉強しているだけだが、道中に彼女が話すくだらねー事は俺の癒しになりつつある。


総二郎達が俺が牧野に勉強を教えている事を知り、なんでなのか聞いてきた。
経緯を話したが、なんで続けているのか俺にもわからない。



総二郎達と牧野の話をして程なくして、牧野から「勉強はもう見てもらわなくていい」なんてLINEがきていた。


突然、なんでだ?

何かあったのか?



携帯は繋がらないし、居ても立っても居られなくなり、牧野を探しに学校へ行く。
類から聞いた非常階段に行くと、階段の途中で壁にもたれるように座っている牧野の姿。


お昼休みからずっとここに居たのか?


声をかけても反応がないので、そーっと牧野の前に行くと、顔には涙の跡。


泣いていたんだ・・・。


何かがあったんだろう。
それと、俺との勉強を辞めると言ったのは、関係しているのか?
そんな事を考えていたら、牧野が目覚めた。


笑った顔も可愛いんだが、涙を一生懸命に堪えている姿に愛しさが増す。
牧野は、俺の側にいるのを誰かにお金目当てだとか言われたようだ。
牧野はそんなヤツじゃねーのは俺が1番よく知っている。


俺が好きな理由を聞くと「優しいから」なんて言う牧野。
これまでロクでもねー事ばっかりしている俺を優しいって言うのはこいつぐらいだよな。


女嫌いな俺が牧野に関わっている理由…それは好きだからしかねーよな。
ようやく自分の気持ちに気付いた俺。
ちゃんと伝えないとな。


牧野が俺の事を好きだって知っていても、「付き合ってくれ」にOKが貰えるまでは、かなりドキドキした。


OKの返事をくれた牧野が可愛すぎて、キスをしちまった俺。
手離せなくなりそうだな。



いつも応援ありがとうございます!

---------------
あんまり触れてなかった司くんの気持ちをフォローしておきまず^ ^
明日の、夕方にUPするつもりが…予約投稿をミスって表に出ちゃったので、番号だけ変えておきます。
関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/04 10:40 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/04 14:34 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/04 20:14 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
悠○様
5話の後に出すつもりだったのに、またまたやってしまいました( ̄◇ ̄;)
お話…(笑)
只では転びませんね。
司の暴走まで…完結させて表に出してきて下さいね(*^▽^*)

スリ○○○○様
どちらも偶然の出会いでした。
でも、一度会っただけのつくしちゃんを見つけられるのは、偶然じゃないですよね。
つい、つくしちゃん視点のお話になりがちなのですが…全司くん視点のお話もまた考えてみても楽しいかも。。あんまり期待しないでくださいね。
次のお話も楽しんでいただけますように🎶

くるみぼたん

2018/07/05 07:52 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ