FC2ブログ

Change! 3

その後の見合いも、俺になんとか気に入られようとするヤツばっかり。

しなだれかかってきて、「上に部屋取ってるの で、一緒に過ごしませんか」なんて言われたりして気持ち悪い。



そんな女ばかりだと、俺に興味の無かった黒い瞳の女をなぜか思い出す。

あの見合いから、1年ほど経って早乙女綾が結婚したニュースをみた。
あきらじゃないから、人の物には興味ない。
俺の頭の中からその女の事は消し去った。


そんな事すらすっかり忘れていた頃に、各会社の若手が集まるプロジェクトで再会することとなった。


道明寺HDが手掛ける、若手が主体のプロジェクト。
各会社の得意分野を生かしてテーマパークのようなショッピングモールを郊外に作る計画。


集まったメンバーは、花沢物産の花沢類、美作商事の美作あきら、大河原財閥の大河原滋、西門一門より西門総二郎、早乙女商事の早乙女綾、そして道明寺HDからは、道明寺司。


プロジェクト始動の会議。
道明寺HDが指揮を執って行くため、司会進行をする。


まずは自己紹介から。

ほとんど見知ったヤツだが、仕事だからケジメは必要だよな。


順番に自己紹介をしていき、早乙女の番。


「早乙女綾です。この度は・・・・・」


俺が見合いをした早乙女じゃねぇ。


そう思うと、そいつが話している言葉も俺の耳には入って来ない。

ふと、早乙女の隣に座ってるヤツを見ると、見合いの時に会った大きな黒い瞳の女が座っている。
秘書らしく、書類を確認したりメモを取ったりしている。

色々気になる事もあるが、とりあえず置いておいて、会議を進めていく。
プロジェクトの大まかな方向性を決める。



会議の後は、懇親会。



さりげなく早乙女綾に寄って行き、改めて挨拶をして、隣にいる女に目をやり、「こちらは?」と聞く。


「秘書の牧野です」とぺこりとお辞儀をした。


牧野が顔を上げ目が合った瞬間にニヤリと笑う。

牧野は、ヤベェ…って顔をしていた。
彼氏がいてもいなくても、結婚してないんだったら、遠慮する必要はねぇな。



✳︎✳︎


綾さんは、道明寺司専務は女に興味無いから顔なんて覚えてないって言ってたのに、バッチリ目があってニヤリと笑われた。

きっと身代わりにお見合いに行ったのがバレてるよね。
これからプロジェクトでも会うし、どうしようなんて思っていたら、道明寺専務から会社に電話がかかってきた。


「はい。牧野です。」

「俺だ。道明寺司だ。なぁ、おまえ、見合いに来てたよな。」

「えっ、えっと・・・」

「話が聞きたいから、会えるか?仕事じゃなく、プライベートだ。」

「でも・・・。」

「嫌とは言えねーよな。俺を騙した訳だし。なんなら、色んなところで言いふらしてやってもいいぞ。」

「わっ、わかりました。」

「明日の20時、○○ってレストランな。」

「はい。」

「ちゃんと来いよな。」


半ば脅されるように、約束をさせられた。



いつも応援ありがとうございます!
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/09/11 15:50 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
スリ○○○○様
仕事の場での再会でした^ ^
女の人の顔なんて覚えてないはずなのに…つくしちゃんはしっかり覚えられてましたよね。
それだけ、潜在的に気になってたんでしょうね(≧∇≦)
司くん、どうするんでしょうか…。

くるみぼたん

2018/09/12 07:59 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ