FC2ブログ

beautiful future 2






「つくしさん、美来ちゃん良く来たわね。」

「ご無沙汰しています。」

「かえでちゃん、あいたかったよ〜。」


美来がぎゅーっと抱きつく。


「ふふふ、美来ちゃんまた大きくなったわね。」

「ミクね、サクラぐみでいちばんおおきいんだよ。」

「そうなの。」


遊びにいらっしゃいと言われて美来と訪れたNY。


楓さんは道明寺HDの社長さんで、
あたしが高3で高校を退学してすぐの頃、
楓さんが公園で貧血でうずくまっているのを見て助けて以来、
娘のように可愛がってくださっている。


美来がお腹にいることを知って、
高校を中退したあたしに、
そのまま英徳の通信教育で
高校卒業の資格が取れることを教えて下さったり、


「将来を考えたら大学は絶対に出なさい」


と言われあたしが大学に行ってる間は、
タマさんと言う道明寺家のメイドさんを
美来のベビーシッターとして手配して下さったり、
美来にも沢山家庭教師をつけて下さってたりと
ちょっと助けただけなのに、
こんなにしてもらってもいいのかと思うほど、
良くして下さってる。


恵まれ過ぎてる環境に申し訳なく思い、
何度もお断りしたことがあったんだけど…

「若くして子供を産んだからって、
色んなことを諦める必要はないわ。
それに、知り合ったのも何かの縁よ。
利用できるものはなんでも利用しなさい。」


と毎回言われる。



実は、美来のお父さんって誰だかわからないの。

あたしが、そういう行為をしたことがあるってのも覚えてなくて…気づいた時には美来がお腹にいた。

あたしの中に芽生えた小さな命を産まないって選択はあたしにはなかった。



「美来ちゃん、お勉強は頑張ってるの?」

「はいっ。まいにちとってもたのしいよ。
ミクはえいごのおべんきょうがいちばんすき。
きょうね、こうえんでおにいちゃんとえいごでおはなしできたの。
つかさくんっていって、ミクとおんなじクルクルのあたましてたんだ。」


さっき、セントラルパークで美来が話してた人のことかな。


「……そうなの。どんなお話したの?」

「んーとねぇ、おにいちゃんがないてたから、
ちちんぷいぷいしてあげたの。」


5歳になって、お姉ちゃんになりたい年頃。

幼稚園でも年下の子のお世話が大好きで、
弟か妹が欲しいってよく言ってるんだ。

そのお願いは叶えてあげられなさそうなんだけど…。


「そう。美来ちゃんは優しいのね。」

「へへっ。そうだ、かえでちゃん、
ミクねいってみたいところがあるの。」

「どこなの?」

「アンのしま。プリンス……ママなんていったっけ。」

「プリンスエドワード島ね。でも、ここから遠いのよ。」

「まえに、かえでちゃんのすんでるちかくだってママいってたでしょ?」

「でも…」


美来は英語のレッスンで
『赤毛のアン』のお話を読んでいるらしく、
日本語の絵本をを読んだり、
ビデオを見たりしているんだ。


テレビで特集をしてたアンの世界に釘付けで、
行きたいって言ってたんだよね。

「いいわよ。3日間お休みを取ってるから一緒に行きましょう!」

「ほんとに??かえでちゃんだいすき。」

「お忙しいんじゃあ…。」

「心配ないわ。つくしさんと美来ちゃんと過ごす時間も
私に取っては大事な時間よ。」

「ありがとうございます。」


楓さんは、どこかへ電話をかけて
最後によろしくね…と話し終えた。


「明日の朝6時に出発ね。
美来ちゃん、明日早いからご飯食べて早く寝ましょうね。」

「うんっ!きょうはかえでちゃんといっしょにねてもいい?」

「美来っ!わがまま言わないの。」

「つくしさん、いいのよ。」


大会社の社長さんなのに、
美来に接する姿は本当のおばあちゃんのようで…
とっても優しいんだ。


大きなお邸のダイニングで夕飯を頂いて、
私たちの為に準備して下さった部屋で美来とお風呂に入る。


「ママ〜、このおうちおっきくておしろみたいだね。」

「そうだね。」

お風呂から上がったら、
可愛いピンクのリボンとレースがついたネグリジェが準備されてて美来は大はしゃぎ。

テンションの高いまま楓さんのお部屋に行ってしまい、
眠れるのかちょっと心配。






いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/04/19 13:16 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
事実だけを聞いたら不思議ですよね??
しかも楓さんに会ってるし。。

その辺の疑問は次のお話で…(*^▽^*)
大体の疑問は解消されるのかな〜と思ってます。

くるみぼたん

2019/04/20 06:56 URL 編集返信
くるみぼたん
拍手コメント まり○○様
拍手コメントありがとうございます♡

むむむ…スルドイ(笑)
その辺りは、次のお話で大体解明しますよ^ ^

楽しんでもらえますように(^-^)v

くるみぼたん

2019/04/20 07:00 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ