FC2ブログ
  • 「おめでとう!ぜひ行かせてね。」『でも、つくし大丈夫?』「優紀のお祝いなんだから…心配しないで。」『うん、わかった。招待状送るね。』「楽しみにしてる。」ふぅ〜。電話を切ってからため息をつく。「そろそろ忘れなきゃダメなんだよね…」優紀の結婚報告。お相手は、あたしも知ってる人…西門総二郎。西門流の次期家元で、知らない人はいないんじゃないかな。遊び人だった西門さんが、大学に入って綺麗になった優紀に再会して... 続きを読む
  • 披露宴が終わり、友人だけの二次会。あたしからは話しかけ辛くて、どうしようかと思ってたら道明寺から話しかけてきてくれた。「久しぶりだな。」「ほんとだね。元気にしてた?」「ああ。牧野は?」「元気だよ。道明寺は副社長になるんでしょ?すごいね。」「そういう牧野は若手なのに弁護士事務所のエースだって聞いたぞ。」「あはは。夢だったしね、頑張ってるよ」久しぶりに近くで聞いた道明寺のバリトンボイス。平静を装ってた... 続きを読む
  • 総二郎の結婚式で3年ぶりに牧野に会った。3年の間にすっげぇ綺麗になったな。少し痩せたのか…。意志の強そうな目はそのままで、俺の好きな牧野のまま。結婚式でも披露宴でも声をかけることが出来ず、二次会でようやく話すことが出来た。俺が4年で帰国して、2人の付き合いを深めていった。恥ずかしいから皆んなには内緒だと言っていたが、身体の関係もあった。支社長になったばかりの俺と司法試験を控えている牧野。お互い忙しくて... 続きを読む
  • 優紀の結婚式の後、仕事が忙しくて道明寺への溢れ出しそうな気持ちを抑えることが出来てちょうど良かった。優紀から連絡があって、ご飯を食べに行く事になった。テレビで見て行ってみたかったアジアンレストラン。カクテルとお料理を頼み、カクテルが運ばれてきたので乾杯する。「つくしは、最近忙しいの?」「うん。色々案件抱えててさ。忙しいけど充実してるよ。」「そっか…」「結婚式の日はごめんね。」「気にしないで。大丈夫... 続きを読む
  • 部屋に入って、ベッドにおろそうとするも「ダメっ、行かないで」と離れようとしない。仕方なくベッドサイドに腰を掛け、牧野を膝に乗せ横抱きしていると…「だいすき…」グッと顔を引き寄せられ、キスをされる。「おいっ、牧野!」「ダメなの…?」目をウルウルさせながら上目遣いで見てくる。 「いっ、いやっ…」「ふふっ、よかったぁ〜。」チュッ、チュッっと唇を合わせられる。「誘ってんのか?」「…ん。エッチしようよ」牧野は酔う... 続きを読む

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。