FC2ブログ
  • 白い砂浜、どこまでも続く青い海「うわぁ〜、綺麗!!」「思い切って来てみてよかったね。」ホテルの部屋からは海が見えて最高。少し早めの夏休みを取って優紀と二人、フィリピンのセブ島に来ている。大学を出て勤めだして3年目。1、2年目は優紀もあたしも仕事を覚えるのに必死で休暇を取ることなんて出来なかった。自分たちのお給料でする初海外だからちょっと奮発してグレードの高いホテルを選んで正解だったかもしれない。仕事... 続きを読む
  • 「セブ島いこうぜ。」珍しく総二郎が俺を誘ってきた。「あきらと行けよ。どうせナンパが目的なんだろ。」「あいつしばらく香港なんだってよ。たまには司も羽目を外そうぜ。」ナンパはともかく、久しぶりにスキューバでもするか…と総二郎に乗っかることにした。俺は道明寺司 25歳世界的にも有名な道明寺HDの御曹司ってやつだ。高校を卒業してからNYに渡り、両親の元大学に行きながら仕事を覚えていった。今まで何でも苦労せずに出来... 続きを読む
  • 「ねぇ、君たちよかったら一緒に遊ばない?」日焼け止めを塗り終わって、優紀と泳ぎに行こうかと話していた時に声を掛けられた気がして振り向いた先には背の高いかなり美形のいかにも遊んでそうな男の人たち。あたしは条件反射のように、「けっ・・・(結構です)」と断ろうとしたら、優紀に口を塞いで止められる。「つくし、あの人西門総二郎さんだよ。一緒に行っちゃダメかな??」西門総二郎…確か西門流の次期家元って言われて... 続きを読む
  • 総二郎が声をかけた女は総二郎を見るなり目を輝かせた。連れの女と話しているのが聞こえてきて「西門総二郎」だと言っていた。女なんて所詮そんなもんだろ。名前や地位…俺たちのブランドに寄ってくるヤツらばっかり。優…なんとかって女と肩を組んで歩いていく総二郎から少し離れてため息をついてから歩いてくる女。俺たちといるのにため息なんてつく女がいるんだ…と珍しいものを見つけたと思っていたら女と目が合った。とりあえず... 続きを読む
  • 「つくし〜、変じゃ無いかなぁ。」「大丈夫、可愛いよ。」着替えた優紀はリゾートっぽい花柄のワンピース。あたしは、ショートパンツに白いレースのノースリーブ。あんまり気合いを入れた感じなのも嫌だし、かと言ってTシャツなのもなぁ〜と思ってトップスだけ可愛いものにしてみた。「優紀ちゃん、お待たせ。ワンピース可愛いね。」二人の服装もかしこまってなくて、ハーフパンツにシャツを羽織っている。西門さんは、黒のハーフ... 続きを読む

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。