FC2ブログ
  • 「先輩、どうされたんですか?」「何が?」「すごく不細工な顔になってますよ。」「不細工は元からだから…。」「そうでしたね。で、どうされました?」ちょっとぐらい不細工ってところを否定してくれてもいいのに…。いつもの桜子なんだけど、今日のあたしには彼女の言葉が胸にグサッと刺さる。この前、道明寺にオフィスに忘れ物を届けに行ったの。受付のお姉様方は、メイクもバッチリだけど清楚な感じで好感が持ててとっても素敵で... 続きを読む
  • 「で、おねだりできたんですか?」「え?」「とぼけないで下さい。先週話してたじゃないですか…お洋服ですよ。」「……出来なかったんだけど、服を買いに行く話をしたら付き合ってくれるって。」「良かったですね。まぁ、一緒に行けば買ってもらえるでしょうし、センスのいい道明寺さんに選んでもらって下さいね。」「…うん。」あ、そうだ…と桜子はサブバックから中に雑誌のようなものが入った大きな封筒をあたしに渡した。「何これ... 続きを読む
  • 牧野との約束の4年間。大学に行きながら仕事も始め、寝る間も惜しんで死にものぐるいで挑んだ。大学を3年で卒業し、MBAを取得し、仕事の方も一歩ずつ階段を上っていき、ババァや周りに認められ、4年で日本支社長を任せてもらえる事になった。俺が一番嬉しかったのは、牧野との約束を守れること。NYでは、プライベートの時間なんてほとんどなく、4年の間に牧野と会えたのは静の結婚式でイタリアに渡った時だけ。その時に、飛行機に... 続きを読む
  • 「作戦成功ですね。道明寺さんとお買い物行った日は、朝まで離してもらえなかったんじゃないですか?」「え、なんで知ってるのっ!!」「そこ、キスマーク見えてますよ。ちょっと道明寺さんが焼きもちを焼くように細工したんです。」「………もしかして赤い口紅!!」桜子はめちゃくちゃ悪そうな顔をして頷いた。「道明寺さん、ああいうのお嫌いでしょ。それにしても……もしかして道明寺さんに会う前に誰かと話してたりしました?」「…... 続きを読む
  • 翌朝には、道明寺はいつも通りに戻っていて、朝から濃厚なエッチをしてシャワーを浴びてご機嫌で会社に出勤していった。あたしは2限目からだから、昨日桜子に教えてもらったメイクをして大学に行った。午前中の講義を終えて、いつものように桜子とカフェテリアでランチをする。「先輩、次の日にちゃんとメイクしてくるなんて、どんな風の吹き回しですか?」「うん。頑張るって決めたんだ。」「何があったか知りませんけど…。昨日お... 続きを読む

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。