FC2ブログ
  • 大学でつくしを見るたびに、男と話している。本人は気づいて無いようだが、みんなつくしの事を誘ってるんだぜ。俺も飯や映画に誘うが、講義だからとか、レポート書かなきゃいけないからなんて言って断られる。俺のこと好きって言ったよな??それなのに、その態度なのか??遅くまで講義しているつくしを捕まえて、飯を食いに行くことにした。明日の講義は昼からだから大丈夫だろ?「なぁ、つくしは俺のこと好きだって言ったよな。... 続きを読む
  • 披露宴が終わり、友人だけの二次会。あたしからは話しかけ辛くて、どうしようかと思ってたら道明寺から話しかけてきてくれた。「久しぶりだな。」「ほんとだね。元気にしてた?」「ああ。牧野は?」「元気だよ。道明寺は副社長になるんでしょ?すごいね。」「そういう牧野は若手なのに弁護士事務所のエースだって聞いたぞ。」「あはは。夢だったしね、頑張ってるよ」久しぶりに近くで聞いた道明寺のバリトンボイス。平静を装ってた... 続きを読む
  • 司と牧野の結婚式。高校生の頃から数えたら何年だ……遠距離を含めたら6年か。嵐のような恋が実を結んだかと思ったら、司の親父が倒れすぐにNYに旅立った。遠距離に向いてない司から時差も考えずに電話が鳴る日々。司が日本に帰ってきてすぐに2人は同棲を始めようやく落ち着いた…かと思ってた。喧嘩をしたとかくだらない理由で、未だに俺の電話が鳴る。女心をわからない司だから牧野も苦労するよな…。相変わらず周りを巻き込みながら... 続きを読む
  • 『春のつくしんぼ』の管理人のつくしんぼ様の5万拍手のお祝いに送らせていただいたお話です♡NYから牧野との約束通り帰国してから半年。まだ大学4年生の牧野とは、今までにないぐらい落ち着いて恋人としての時間を過ごしている。すぐに結婚したい俺に、「やっと帰ってきたんだから、恋人としてデートとかしたいな。」上目遣いでそう言われて、俺はノックアウトされてしまった。就職活動をしていた牧野は、俺の知らない間に道明寺HD... 続きを読む
  • 「おめでとう!ぜひ行かせてね。」『でも、つくし大丈夫?』「優紀のお祝いなんだから…心配しないで。」『うん、わかった。招待状送るね。』「楽しみにしてる。」ふぅ〜。電話を切ってからため息をつく。「そろそろ忘れなきゃダメなんだよね…」優紀の結婚報告。お相手は、あたしも知ってる人…西門総二郎。西門流の次期家元で、知らない人はいないんじゃないかな。遊び人だった西門さんが、大学に入って綺麗になった優紀に再会して... 続きを読む
  • おはようございます!いつも拙いお話に沢山の拍手やコメントありがとうございますm(_ _)m感謝の気持ちでいっぱいです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆『Rabbits 』完結しました。このお話は、違うちびつかつくのお話をを考えていた時にふと浮かんだもので…司くんの持っているウサギが2体のペアだったら面白いかもといった所から始まりました。つくしちゃんには子供の頃に辛い思いをさせてしまいましたが…高校生で司くんと再会して、色々あり... 続きを読む
  • 「なぁ、おまえもしかして…?」「ん?何かあった?」「妊娠してねえか?」「・・・・・あっ!!!」バッとお腹を押さえる。「ちゃんと病院に行こうぜ。」「うん。」クッキーを焼いている時に気持ち悪くなり司が妊娠してるんじゃないかと言われ、思い返せば色々心当たりがある。身体がだるかったり、眠たかったりしてて、疲れてるだけかな…って思ってたんだよね。病院に行って検査してもらうと妊娠していると。しかも、お腹の赤ちゃ... 続きを読む
  • NYに戻り、日本大使館に婚姻届を提出して晴れて俺たちは夫婦になった。それと同時に、つくしは専務になる事となった。俺の秘書にしようとしていたから反対したんだが、ババァがそれを認めなかった。「つくしさんは、秘書で満足する器じゃないわ。秘書として支えてもらうのでは無く、一緒に仕事をしなさい。」そう言われて返す言葉がなかった。つくしと一緒に仕事をして知ったんだが、頭の回転が良く、発想もかなり柔軟。ババァが秘... 続きを読む
  • つくしが大学を卒業すると同時にNYに渡ってきて、ババァの秘書になった。大学では経済学を専攻し、企業経営の研究で第一人者と言われる教授のゼミに入って経営学を学んできた。嫁姑になる2人だが、関係は良好で、ババァも自分の娘のように可愛がっている。俺たちはと言うと、邸の俺の部屋で一緒に生活をしている。お互い忙しくて、すれ違いの事も多いが、同じ部屋に帰るから、つくしを抱きしめて眠るだけでも癒される。俺たちが婚... 続きを読む
  • 俺の20歳の誕生日。つくしはNYにやってきて、俺の誕生日パーティーのパートナーをしてくれた。俺の見立てたブルーシルバーのエンパイアラインのドレス。19歳のつくしには少し大人っぽいが、可愛いさを引き立たせている。俺のパートナーとして出席しているのにもかかわらず、つくしを見る男の目線が気になる。つくしはそんな事に気付きもせず、俺の横でニコニコと笑っている。一通り挨拶が終わったところで、つくしのお腹がぐう〜っ... 続きを読む

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。