FC2ブログ

Crush on 7

皆様の所は雨の被害大丈夫でしょうか?
雨が降らないのも困りますが、降りすぎるのも大変ですよね。
早く雨が止んで被害がおさまりますように。

皆様、気をつけて下さいね。

---------------


ちょっと揶揄い過ぎたか?

緊張した様子で、メシを食っているつくし。
今日のデートの話や、次に何処に出かけるかなんて話をして、気を紛らわす。


メシを食べ終え、ソファーに場所を移す。


「なあ、さっきはあんな事言ったけどよ、無理強いするつもりは無いからな。」

「うん。」

「でも、俺も男だからよ、おまえとそうなりたいとも思ってる。」





「・・・ねぇ、司。今日泊まっていっていいの?」

「なっっ、おまえ、自分の言ってる意味わかってるのか?」

「うん。私だって、司とそうなりたいって思ってるよ。」

「・・・おまえがそう言うならいいぞ。親に電話しとけよ。」

「わかった。」


カバンの置いてある所に行き、電話を掛けている。
程なくして、電話を切りソファーまで戻ってくる。



「ちゃんと電話したのか?」

「うん。」

「親はなんて?」

「えーと、その・・・ちゃんと避妊しなさいって。」



マジかよ。


嘘をつかなかったつくしもすごいが、どんな親だよ。


「シャワー浴びてくるか。」

「うん。」


つくしがシャワーを浴びている間に、俺も別のシャワールーム行き、シャワーを浴びる。


✳︎✳︎


司とのデートの最後に来たのはメープル。

これって、そういう事だよね。
まだ、その経験は無いんだけど、司となら…って思ってる。


部屋に入ってからのキスもいつもより濃厚で、ドキドキしてくる。
冗談でも“ベッド行くか”なんて言われて、頭の中はプチパニック。
色んな事をぐるぐる考えてたら、無言になっていたらしく、司が気を使って色んな話をしてくれた。


ご飯が終わって、ソファーに移動すると、司が真剣な顔で無理強いするつもりは無いって言ってくれる。
もう少し強引でもいいのに、司は優しいから私の事を思って我慢してるんだよね。


“泊まっていい?”って聞いたら、驚いてたよね。
司に言われてママに電話したら、反対されると思ったのに、まさかの返事。




ほんとはね、ちょっと怖いけど、司とならきっと大丈夫。



シャワーを浴びて、バスローブを着て出ると、司もシャワーを浴びたらしく、ソファーに座って髪をガシガシ拭いていた。


「司、髪・・・。」

「ああ、濡れるとこうなるんだ。」

「そっか。」


濡れてストレートっぽくなった髪。
普段もカッコいいのに、さらに色気が増してドギマギする。
動くことも出来ず、ソファーの近くで立ち尽くしていると、


「こっちに来いよ!」


腕をぐっと引かれ、司の前に立つ。

頭を引き寄せられ、少し長めのキスをする。


「ほんとにいいのか?今なら止められるぞ。」

「もう、そんなに聞かないでよ。司となら大丈夫。」


私からも、チュッとキスをする。
そのまま、司に頭を固定され深く何度もキスをされる。


突然、体がふわっと抱き抱えられ、司にお姫様抱っこされて寝室に運ばれる。



いつも応援ありがとうございます。

---------------
牧野家、かなりオープンです(笑)

夕方に、七夕にちなんだお話を1話UPします。
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/07 12:16 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/07 13:18 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
悠○様
牧野家、原作でも玉の輿狙いで、いつでもどうぞ…みたいな感じでしたよね(笑)
そちらで、つくしちゃんが大胆になったら収拾つかなくなるのでは(*≧∀≦*)


スリ○○○○様
それは今日の所は秘密にしておきます(*≧∀≦*)
明日、どうなるんでしょう…。

くるみぼたん

2018/07/07 21:37 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ