FC2ブログ

もういちど。 3

翌朝、迎えに来た西田から牧野の調査資料を受け取る。


牧野 つくし
3年生より金沢の高校へ通い卒業後上京
T大経済学部卒
3回生よりインターンシップで道明寺HDで働いている。
現在は海外事業部所属。
英語、フランス語、ドイツ語が話せ、資格も色々持っている。
両親は金沢在住。
弟は東京で大学に通っているらしい。



ババアはこいつが道明寺で働いてるのを知っているのか?
いや知らない訳ないよなぁ。


昨日ぶつかったあいつと目が合った時、若干違和感をもった。
それがなんなのかはわからない。
俺の事なんてすっかり過去になってしまったのか?


疑問は増していくばかり。
だが、就任直後で会社にいる時間はほとんど取れず、提携先へのあいさつ回りに追われる。


金曜日、少し早く帰れそうだったので、久しぶりに幼馴染達に連絡をとり、メープルのバーに集まることに。


9時過ぎに仕事が終わり、いつも使ってる直通エレベーターが点検中の為、一般用のエレベーターに乗って下に降りていると途中30階で止まり、開いた扉の向こうにあいつがいた。
俺を見て乗るのを躊躇しているようだったので、


『乗れよ。今まで仕事だったのか?』

『い、いえ、忘れ物を取りに…』


そう言って、俯いていたあいつが顔を上げ、ハッとした様子で、


『あ、あのっ、この前はぶつかってしまいすみませんでした。』

『ああ、大丈夫だ。おまえ名前は?』


他人行儀に話してくるあいつに名前を聞いてみる事にした。


『海外事業部の牧野つくしです。』

『いつから働いているんだ?』

『この春からです。あっ、でも2年前からインターンシップでお世話なっています。』

『へぇ〜、優秀なんだ。俺は道明寺司。』


俺の名前を聞いて、あいつは慌てだした。


『えっ、ふっ、副社長!副社長だとは思わずにエレベーターに乗ってしまいすみませんでしたっ。』

『俺が乗れって言ったんだからかまわねぇよ。』


話てるうちに、エレベーターは1階に到着する。


『副社長、お疲れ様でした。』

『ああ、気をつけて帰れよ。』


もう少し話していたかったが、深々とお辞儀をしているあいつに背を向けてリムジンへ向かった。



お越しいただきありがとうございます。
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/04/19 20:12 編集返信
くるみぼたん
No title
スリ○○○様
司くんの、疑問を解決してくれるのはやっぱりF3ですよね!
真実がわかるまで、もう少しです。

くるみぼたん

2018/04/21 10:33 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ