FC2ブログ

Crush on 29

「もう〜!ちょっとって言ってたでしょ。」

「でも、おまえだって喜んでたじゃねーかよ。」

「なっ。。」


総二郎達と会う前に、可愛いつくしを堪能。

怒っているが、そんなつくしも可愛いんだ。

つくしと付き合う前は、こんなに1人の女にハマるなんて思ってなかった。
抱けば抱くほど愛しさも増していくし、総二郎達みたいに、取っ替え引っ替えなんてありえねぇ。

早く結婚したいが、今の俺ではつくしを守れない。
今が正念場だな。


「ねぇ、司?」

「どうした?」

「まだ行かなくていいの?」

「ああ、そろそろ行くか。」


つくしの腰に手を回し、エレベーターに乗ってバーに向かう。


✳︎✳︎


「司達遅くねぇか。」

「部屋でヤってんじゃねぇの。」

「あいつらお互い忙しいらしく、すれ違いの生活おくってんだろ。」


そんな話をしていたら、ドアが開き、


「悪りぃ、遅くなったな。」

「先に始めてたぞ。」

「遅かったな。ヤってたんか?」

「西門さん!!」


顔を真っ赤にしている牧野。
そうでした…って自分で言ってるぜ。


司が席に着き、その横に牧野が座る。
司は牧野の肩に腕を回し、2人でコソコソと話している。

「ああ、いいぞ。飲み過ぎるなよ。」

「うん、わかった。ありがとう、司。」


酒を飲んでいいか聞いてたのか。
2人の醸し出す雰囲気が濃密になっている。
司がオーダーした飲み物が来てから、みんなでグラスを合わせる。


「おまえら、付き合って何年だ?」

「ああ?6年ぐらいか。つくしがこっちに来て4年は経ったよな。」

「うん。卒業して、楓さんに付いて1年過ぎたから。」

「つくしちゃん、3年で大学出たんだよな。」

「はい。なんとか。」

「なんとかって、トップクラスの成績だっただろ。」

「流石だね、牧野。」




「司、日本に帰ってくる予定はねーのかよ。」

「まだ無いな。」



牧野が司の服をちょんと引っ張り、何か耳元で囁いている。


「ああ、そうだな。俺から話すぞ。」


司は、牧野が頷いたのを見て話し始める。


「俺たち婚約したんだ。」

「おめでとう!」

「よかったな。」

「おめでとう。牧野の左手のは婚約指輪?」

「うん。司が、デザインしてくれたの。」

「結婚の日取りとか決まってるのか?」

「いや、まだだ。今のところ、家族間の婚約なんだ。世間に発表するのは、俺が社会人として一人前になってからって言われた。」

「じゃあ、司もそろそろ専務より上の役が付くのか?」

「さぁ、どうだろうな。」


その後は、それぞれの仕事の話などをしていると、司の隣でウトウトしかけている牧野。
司は、牧野の頭を膝に乗せ、ジャケットを掛けてやっている。


「司、部屋に戻るか?」

「もう少ししてからな。」

「牧野、頑張ったんだね。」

「ああ、初めてのパーティで緊張してたんだろ。」

「遠目にも、お前たち目を引いてたからな。」

「司、今まで見たことない顔してたもんな〜。」

「ああっ?」

「無自覚か?牧野が隣にいるから、時々笑顔なんか浮かべたりしてたしな。」


「いつもはさ、こいつババァに付いてるから一緒に仕事する事ねーんだわ。今日、初めて一緒に仕事して、あまりにも優秀でちょっと焦ったわ。」

「高校の時も、アメリカに行くためにめちゃくちゃ頑張ってたもんな。」

「そうだな。」

「ちょっと司が羨ましいかも…。」

「だな。」



牧野が、「んー」っと寝返りをしようとしていた。


「つくし、起きろ。部屋に帰るぞ。」

「んー、ごめん、寝てた。」


司は牧野を立ち上がらせ、

「悪りぃ、部屋戻るな。」

「西門さん、美作さん、花沢さん、久しぶりに会えて嬉しかったよ、またね〜!」


司に手を引かれ、俺たちに手を振りながら2人は部屋に戻っていった。



俺たちは、無言でグラスを合わせ親友達の婚約を祝った。




いつも応援ありがとうございます。
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/29 09:28 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/07/29 10:01 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます♡
悠○様
暑さに堪えるほど、ラブラブ過ぎませんか??
つかつく以外は書かないと思います(^◇^;)
総優のお話も好きなんですが、自分で書くとなると…無理かな。

スリ○○○○様
ふふふ、つくしちゃんバレバレですよね(//∇//)
ちゃんとF3にも婚約をお知らせする事が出来ましたよ。
すれ違いの生活も、目標があるから頑張れますよね♡

くるみぼたん

2018/07/30 21:39 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。