FC2ブログ

Crush on 33

司の誕生日から2ヶ月。

アメリカでの生活も今日で最後。


高校を卒業してから5年、司と一緒にいる為、ひたすら自分を高めていこうと頑張った。
色んな人達の助けもあって、そして楓さんや要さんの理解もあって、明日、司の婚約者として日本に帰ることが出来る。


楓さんの秘書として仕事をするのも、今日が最後。
いつものように分刻みのスケジュールをこなしていく。

夕方の会食を終え、今日の予定は終了。
市川さんに、今まで教えていただいたお礼をする。


「日本でも、牧野さんらしく支社長を支えていってください。」

「はい。市川さんに教えていただいた事を忘れずに頑張ります。」


お邸で楓さんと一緒にリムジンを降り、市川さんとお別れをする。
オフィスにいる皆さんには、昨日、お礼とご挨拶をしておいた。


部屋に入って、シャワーを浴び、服を着替えてから楓さんの部屋にいく。
ドアをノックし、「どうぞ」と言われたので、部屋に入る。


「楓さん、つくしです。お時間よろしいですか。」

「大丈夫よ。おかけになって。」

「はい。」


「いよいよ明日ね。」

「はい。楓さん、今まで大変お世話になりました。」

「もうすぐ娘になるんですから、堅苦しい挨拶は無しよ。」

「楓さん…。」

「つくしさん、今まで頑張ったわね。予想以上にあなたが優秀でびっくりしたけど、日本で司のことよろしくね。」

「ありがとうございます。」

「司にも言ってあるんだけど、挙式は9月東京メープルで行います。籍は、そちらが落ち着いたらいつ入れても構わないわよ。今ならまだ引き返せるけどつくしさん迷いはないかしら。」

「大丈夫です。」

「困ったことがあったら、なんでも相談してね。もちろん夫婦喧嘩の事でもね。」


そう言って笑った楓さんがとっても優しくて、涙が出てきた。


「あらあら、一生のお別れじゃないんだから。またいつでも会えるでしょ。」


そう言いながら、私の隣に座って抱きしめて背中をさすってくれた。


「ふふふ、椿にもこんな事した事ないわ。つくしさんに出会って、司も変わったけど、私も変わったのかしらね。」


そう言ってふふふって笑う楓さんは、本当のお母さんのようだった。



✳︎✳︎


最後の仕事を終えて邸に帰り部屋に入るもつくしがいない。
明日には日本に帰るのに何してるんだ…と思いつつ執事に聞くと、ババァの部屋にいるとの事。


ババァの部屋に行き、ノックしてから入ると、ババァの胸で眠っているつくし。


「なんでこうなったんだ?」

「ふふふ、泣いてるのを抱きしめてたら眠っちゃったの。司、つくしさんを部屋に連れて帰ってあげて。」

「ああ。サンキューな。バ…お袋のお陰で、つくしもホームシックもならずにここまで頑張る事が出来たから。」

「司、幸せになりなさい。」

「はい。ありがとうございます。」


お袋からつくしを預かり、抱き抱え、お辞儀をして部屋を出ようとすると、


「あなたに日本を任せますけど、ダメだったらつくしさんと交代させますよ。」


なんて、お袋らしい言葉をかけてきた。


「つくしには負けねーよ。」


そう言い返してお袋の部屋を出た。




俺たちの部屋に入り、つくしをベッドに寝かせる。
俺もシャワーを浴びてから、つくしの横に眠る。



いつも応援ありがとうございます!

------------
明日でラストです!
関連記事

コメント

コメント(4)
良かったです。
面白かったです。

山田

2018/08/02 10:04 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/02 11:42 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/02 12:37 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
山田様
コメントありがとうございます!
そう言ってもらえて嬉しいですね、

スリ○○○○様
つくしちゃんと、楓さん、親子以上に仲良くなれましたね。
司くんと楓さんの関係より、絆は深いかも…です^ ^
日本での2人の生活、どうなって行くんでしょうね。
明日でラストですが、お話は続いていく予定です(*≧∀≦*)

悠○様
番外編ですか…(笑)
お話は区切りますが、お話は続いていきますよ♡

くるみぼたん

2018/08/02 22:17 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ