FC2ブログ

Can I keep a secret? 10

パーティ終了後、面倒くせーが記者会見がある。


社長、会長とつくしと共に記者会見場に向かう。
会場に入り、西田の司会進行により記者会見が始まる。


社長、会長の挨拶に始まり、俺の副社長就任の報告をする。


ー副社長となりました道明寺司より、皆様にご報告させていただきたいことがございます。
副社長、よろしくお願い致します。


「道明寺司です。先程のパーティにて、副社長就任の話を聞きました。嬉しさと共に身の引き締まる思いでございます。
本日は、隣に居る旧姓牧野つくしさんと2年前に結婚していたことをご報告させて頂きます。」


そう言うと、会場は騒ついた。


ま、そうだよな。


つくしにマイクを渡すと、初めて聞くつくしの声を聞く逃すまいと、再び会場はシーンとなった。


「道明寺つくしです。よろしくお願い致します。」


挨拶をし、ちょっと照れたように俺の方を向いたので、ふっと笑った瞬間、ものすごい数のシャッター音とフラッシュの光。



ーそれでは質疑応答の時間とさせていただきます。質問は各社一つとさせていただきます。


“副社長にお聞きします。なぜ2年間も結婚の事実を公表されなかったのですか。”


「私の我儘で、妻が大学を卒業して直ぐに入籍いたしました。社会人として仕事がしたいと言う妻の気持ちを尊重して、今まで結婚を公表しませんでした。」



“もしかして、奥様は「4年後に迎えに行きます」って副社長が仰られてた方ですか?”


「はい、そうです。私が、4年で帰国した時には、妻は既に自分の力で道明寺HDでインターンシップで働いていました。」



“社長にお尋ねします。社長は以前、お2人の仲を反対されていたはずですが、今はどう思っておられるのですか?」


「あの頃の私は古い考えを持っておりましたので、一般の家庭で育ったつくしさんは道明寺家に相応しくないと考えてました。しかし、つくしさんと接する機会が多くなるにつれて、それは間違っていると気付かされまさした。
息子はつくしさんと結婚するために努力し、つくしさんは彼女なりに息子の隣に立てるように、大学で沢山のことを学んでいました。
そんな2人を見ていたら、家柄が無くても息子が幸せになれるのはつくしさんしかいないと思いました。」




“副社長にお尋ねします。奥様のつくしさんはどんな方ですか?”


「妻は私をただの道明寺司として見てくれる唯一の人です。私をおもねる事もなく、悪いこをすれば叱られますし、ちゃんと意見を言ってくれます。」



“では、奥様にお尋ねします。旦那様の司さんはどんな方ですか?”


「いつも真っ直ぐで、嘘はつかない人です。私が悩んでる時は、必ず欲しい答えをくれます。」




ーそろそろ時間ですので、最後の質問でお願いします。



“お2人でどんな家庭を築いていきたいですか?”



「歳を取っても、手を繋いで出掛けるような夫婦でいたいと思っています。」

「いつも笑顔の溢れている家庭にしたいです。」



ー本日はありがとうございました。



特に大きな波乱もなく、記者会見は終了した。



いつも応援ありがとうございます!

-------------
波乱起こした方が良かったですかね?(笑)
関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/15 09:32 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/15 10:26 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/15 13:22 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
いつもコメントありがとうございます!
波乱を…にコメントいただきましたが、このお話は最後まで出来上がっているので、お話が変わることはありませんが、今後の参考にさせていただきますね^ ^

スリ○○○○様
ふふふっ、それも楽しいですね!
毎日少しずつお話を進めていくの…って私には出来ないので、変更はないんですが。。。
あんまり、波乱もなさすぎなのかなぁ〜っと自分で思ってしまってので思わず投げかけてしまいましたσ(^_^;)

まつ○○様
はじめまして。
コメントありがとうございます。
そして、お話を楽しみにしてくださってて、とても嬉しいです。
なるほど…そういう風に思ってくださる方もいるんですね。
ちょっと安心しました(*≧∀≦*)

悠○様
悠○様ならそうなのかなーと思ってました(≧∇≦)

くるみぼたん

2018/08/16 06:35 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ