FC2ブログ

Proof of love 2

朝、身体が重いけど、道明寺を起こさないようにそっと腕を抜け出し、シャワー浴び、服を着る。



『道明寺、ありがとう。幸せになってね。』

とメモを残し、部屋を出る。




扉の外には西田さん。


「坊ちゃんより、これを牧野様に渡すように言付かっています。」


西田さんから手渡された小さな包みの中を見ると、ピルだった。


これは道明寺の優しさ。


「ありがとうございます。西田さん、道明寺の事をよろしくお願いします。」

「牧野様、坊ちゃんは…」

「わかっます。お酒ばっかりじゃなくて、ちゃんとご飯食べてって伝えて下さい。」

「承知しました。」


✳︎✳︎


結局、一睡も出来なかった。

朝、牧野がそっと俺から抜け出し、シャワーを浴びている。
起きて、縋り付いてでも引き留めたいが今の俺には出来ない。

そのまま寝たふりをし、牧野が部屋を出ていくのを待つ。


『道明寺、ありがとう。幸せになってね。』

とベッドサイドのメモ帳に書き残してあった。



こんな時まで、俺の心配かよ。



堪えていた涙が出てくる。


おまえがいないと幸せになんてなれるはずないだろ。


人生の中で初めて声を出して泣いた。





どれぐらいたったか、わからねーが、西田が部屋に入って来た。


「牧野様に頼まれたものをお渡ししておきました。」

「ああ。」

「本当に、いいのですか。牧野様は…」

「いや、それ以上言うな。シャワー浴びて準備するから待ってろ。」


熱いシャワーを浴び、着替えて西田と共に部屋を出る。
そのまま、邸に戻りプライベートジェットでNYに戻る。


✳︎✳︎


メープルからタクシーに乗り、アパートに帰る。


部屋に入って、鍵を閉め、靴を脱いで一歩踏み出したところでペタンと座り込み、そのまま号泣する。

いつか道明寺との別れが来ると思ってたけど…とうとうそれが現実になってしまった。



どれぐらい泣いただろうか、時計を見ようと鞄を開くと、西田さんから受け取った包みが目に入った。
道明寺の将来を考えたら飲まなければならない。


でも…道明寺と言葉は無くても愛し合った。


その温もりまで消してしまうようで、なかなか踏ん切りがつかなかった。




本当は、ピルを飲みたくなかったけど、それも出来ず…
悩んだ末に3日後、ようやくピルを口にした。



いつも応援ありがとうございます!

---------------
《補足》
ピル(モーニングアフターピル)の使用方に関して、きちんと調べました。
その上で、つくしちゃんの葛藤を表現したくて、3日という選択をしたのですが、不快な気分になった方申し訳ありませんでした。
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/21 09:42 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/08/21 10:55 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
悠○様
ふふっ、そうかもしれないですね。
ここ以外で、お話が掲載されるのはちょっとドキドキでしたが、お祝いになっていたら良かったです(*´∀`*)

スリ○○○○様
私も、ここは自分で書いてても泣きそうになりました(T ^ T)
そうなんですよね、つくしちゃんは司くんが、司くんにはつくしちゃんがいなければ幸せになれないんですよね。。。
「幸せになってね」と書いたつくしちゃんの気持ち、そしてピルを渡さなければならなかった司くんの気持ち…お互い痛いほどわかってますよ。
3日目…に関しては、あんまりつくしちゃんを突っ込んでやらないで下さい(//∇//)
つくしちゃん、姿を消しちゃうのか、どうなるのか…少しずつお話が進んで行きますよ。

くるみぼたん

2018/08/21 21:05 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ