FC2ブログ

もういちど。10

どうやら牧野はモテるらしい。


社内でも、牧野の事を気に入っている奴らがいると噂にきく。
俺もまだ友達から進めてないのに、他の奴らが近づくなんてありえないと思い、ここらで牽制しておかなければならない。


俺が出向く程でも無かったが、所用で海外事業部の部長の所へ行き、帰り際に牧野に声を掛ける。
話の内容や俺の態度で、ある程度牧野との親密さがわかるだろう。


後で怒られるんだろうな。

まあ、怒った顔も可愛いいんだが。


✳︎✳︎✳︎


仕事を終えて、優紀との待ち合わせ場所に向かい、一緒にレストランに行く。
レストランには西門さんと美作さんが既に来ていた。


『あれっ、また貸し切り?そこまでしなくってもいいのに…。』

『人がいたらゆっくり出来ないだろうが。』

『お金持ちの考える事はわかんないわ!』

『おいおい、どした?えらい刺々しいな。』

『会社で声を掛けるなって言ってたのに、態と声を掛けてくるんだもん!』

『司が?』

『他に誰が居るっていうのよっ!』

『まあまあ、それぐらい許してやれよ。牧野がモテるから、司も焦ってるんだよ。』

『なんで道明寺が?関係ないじゃん。』


滋さん、桜子、花沢類も到着して、乾杯してご飯を食べ始める。
道明寺に腹を立てていた事もあり、いつもより早いペースで飲み進めていた。


✳︎✳︎✳︎


なんとか仕事を終わらせて、1時間遅れでレストランに到着すると、牧野は既に出来上がっていた。


『司、遅かったなぁ。』

『ああ、なかなか仕事が終わらなくてな。いったい誰が牧野を飲ませたんだ!?』

『自分で飲んだんですよ〜。道明寺さん、一体先輩に何したんですか?』

『牧野、道明寺のアホ、バカって悪態つきながら飲んでたよ。』



『つくし、大丈夫?』

『あっ道明寺〜!なんで声かけて来たのよー?あの後大変だったんだからっ。』


それだけ言って、牧野は机にバタンと伏せて寝てしまった。


『司、程々にしといてやれよ。牧野も仕事やりにくくなるだろ?』

『つかさ〜、つくしはさ、司と一緒に仕事が出来るようになりたいって頑張ってるんだよ。つくしの努力を潰しちゃわないでよ。』

『わかってるさ。でも、あいつモテるんだよ。』

『ははは、牧野鈍感だし、司も大変だね。』



『わりっ、牧野連れて帰るわ。』


ポケットから携帯を取り出し、迎えに来るよう連絡する。


『おい、牧野、帰るぞっ!』


声を掛けても揺すっても起きない牧野を抱きかかえ店を出る。


『襲うなよっ。』

『お前じゃねーよ。またな。』


牧野を抱えてリムジンに乗り込む。

あいつのマンションに着くも起きる気配がない。
こんな状況でマンションに1人にするワケにもいかないので、ペントハウスか邸かメープルに行くか悩んだ末にメープルに向かう。





お越しいただきありがとうございます。
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/04/26 13:18 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/04/26 15:27 編集返信
くるみぼたん
No title
悠○様

ハイ、突っ走ってます。
でも、こうでなきゃ司じゃないかな…って感じです。
ラブラブになれるかどうかは、司くんの頑張り次第かな。

スリ○○○○様
俺のものに手を出すなよ…っと牽制です。
つくしちゃんは、懸命気持ちを隠してるのでやや暴走気味かな。

くるみぼたん

2018/05/02 19:38 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ