FC2ブログ

Change! 22

翌日、社長と一緒にN社に向かう。

リムジンの中で読んだ資料によると、同じ話を数社に持ちかけているらしく、何処も決め手に欠けており契約を取れないでいるらしい。

社長でも難しい事ってあるんだ…。


そんな事を思いながら、N社に入ると、何処からか名前を呼ばれている気がする。

周りをキョロキョロしていると、女の人と目が合い、彼女があたしの方へやってきた。


あっ、昨日の…。


「(お身体大丈夫ですか?)」

「(ええ、昨日はありがとうね。つくしのおかげですぐに良くなったわ。)」

「(それは良かったです。えーっと、お名前伺ってもいいですか?)」

「(マリアよ。つくしはどうしてここへ?)」

「(仕事です。道明寺社長について来ました。)」

「(あら、つくしは道明寺の社員だったのね!社長室まで、案内するわ。)」

マリアさんが少し強引にあたしの手を引っ張り、エレベーターホールへ連れて行く姿を社長も安西さんも少し驚いた様子だったけど、一緒にエレベーターに乗り社長室へと向かった。


ノックをして社長室に入って行ったので、慌てて後を追うと、


「(あなた、道明寺社長をお連れしたわよ。それから、昨日話したつくしもいたのよ。)」


えっ、マリアさんって…。


「(道明寺社長、お待ちしておりました。)」

「(こちらこそよろしくお願い致します。)」

「(お掛けになって下さい。)」

「(失礼致します。)」


社長がソファに座るのを見て、あたしも安西さんの隣に座る。


「(つくし、昨日は妻がお世話になったね、ありがとう。)」

「(いえ、そんな大した事はしてません。)」

「(つくしは、道明寺の社員なのかな?)」

「(はい。日本支社に勤めています。)」


不思議な顔をして見ていた社長に、ニック社長が昨日のパーティでの出来事を話して下さり、とっても優しい子だとマリアさんが気に入ってるからニック社長の弟さんのお嫁に来ないか、なんて話されていた。


突然の話にびっくりしていると、


「(ニック社長、申し訳ありません。牧野つくしは息子のフィアンセなんです。)」


と社長が言った。



えっ、フィアンセって…?



将来的にはそうなればいいなって思うけど…
まだ、道明寺からプロポーズされてないよ。



「(そうか、残念だなぁ。道明寺社長、今日は例の件でお越しいただいたんですよね。)」

「(はい。)」

「(担当をつくしにしてもらえるなら、道明寺HD にお願いしようと思ってるのですが如何でしょう。)」

「(任せていただけるのですか?)」

「(ええ。)」

「(つくしと一緒に、息子の司も担当させていただいてよろしいでしょうか?)」

「(もちろん。つくしが選んだ道明寺のご子息も興味あるから、歓迎するよ。)」

「(つくし、いつまでこちらにいるの?)」

「(明日までです。)」

「(じゃあ、今度NYに来た時は連絡してね。一緒にご飯食べに行きましょう!)」

「(はい、マリアさん。楽しみにしています。)」


マリアさんと個人的な連絡先を交換した。




帰りのリムジンの中。

訳の分からない内に、商談がまとまったらしい。

社長でも難しい商談だって言ってたのに…なんで?
しかもあたしが担当者って…。


そんな事をグルグル考えていると、社長がふっっと笑ってから話し始める。


「牧野さん、あなたのおかげね。」

「えっ、私は何もしてませんけど…。」


更に社長はクスクス笑い始める。


「あなたのそんな所が良かったのよ、マリアさんも 。」


「・・・えっ?」


「私達の世界はね、個人って言うよりバックにある会社の力が大きいから、色眼鏡で見てくる人も多いのよ。マリアさんは、あなたに個人として心配してもらって嬉しかったのよ」

「はぁ・・・。」

「ふふふっ、あなたは分からなくてもいいわ。そのままでいなさい。」

「はい。」



✳︎✳︎


司の彼女の牧野つくしさん。


初めて会ったのは、就職の最終面接。
30人ほどいた学生の中で、1番目を引かれた。

大学の成績や語学も申し分なく、面接官の満場一致で内定を出した。
入社したら、NYに呼んで私の元で経験を積ませたいと思っていた。


だが、彼女が選んだのは早乙女商事。
縁は無くなってしまったものと思っていた。


ある日、司がわざわざ私の所に出向いてまで、結婚をしたいと思う人が出来たと話をした。
女嫌いの司にそんな風に思える人が出来たのもびっくりしたけど、その後の報告に上がってきた彼女はつくしさんだった。



司がどうやって彼女と知り合ったのはわからないが、煌びやかな世界にいる女性を沢山見てきた司がなぜ彼女を選んだのか興味があった。


2人の関係を反対するつもりはない。
司の持っている財産なんていらないと言った彼女をもっと知りたくなり、NYに誘ってみた。


飛行機の中で何かを吸収しようと真剣に資料を読んでいる姿、そして会議や商談の後に意見を聞くとしっかり自分の意見を持っていて、時として私も思いつかない角度から見ている事がある。


そんな仕事の姿とは違い、普段の彼女は可愛らしい。
大きな瞳が魅力的で、クルクル変わる表情が面白い。



そして、名前や立場にとらわれず誰に対しても態度を変えない。

そんな彼女は決して美人ではないが、惹きつけられるものがある。


そんな彼女がきっかけで、難航していたN社の契約を取ることが出来た。


公私ともに司の側につくしさんがいることで、司がさらに成長していけるのかではないかと思う。
そして、つくしさんがいることで、道明寺にも新しい風が吹いてくれそうだ。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
楓さんもつくしちゃんの魅力に気付いちゃいましたね(*≧∀≦*)
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/09/30 11:13 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/09/30 20:08 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます♡
スリ○○○○○○様
そう、助けたのはN社の奥様でした^ ^
つくしちゃんがすっかりマリアさんに気に入られてしまったので、楓さんも婚約者だと公言しちゃいましたね(*≧∀≦*)
楓さんは、手元に置いて育てたかったでしょうけど、司くんの右腕になっている今、2人を見守ることにしましたよ。
この少し先をまだ考えて無いんですが…楓さんにもう少しつくしちゃんを連れ回してもらいましょうか…?

うちは、北○東なんで、そちらとさほどお天気は変わらないかもです。
こちらも、今日なら普通に運動会出来たよねーって感じでした。明日は、今降っている雨がなるべく早く上がってくれるといいんですが…。

悠○様
楓さんなら、公私ともに息子より可愛がってくれそうですよね。
いつもありがとうございます♡
悠○様のお話の更新もお待ちしてますよ。

くるみぼたん

2018/09/30 22:01 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ