FC2ブログ

Change! 29

工場跡地のプロジェクト。

既にプロジェクトチームが出来ており、そのチームが選んだ数件を会議でプレゼンし、最終決定する。


その中にはつくしのプランも入っているが、俺にはどのプランがつくしのプランが知らされていない。

公平性を保つ為に無記名のプランをチェックしていくと、如何にもつくしらしいプランがある。
しかも、他のプランに比べて細かい所まで練られていてプレゼンに通ってGOサインが出れば、すぐに始動していけるだろう。


他の奴は高級ショッピングモールや遊園地などのプランで、悪くもねぇんだが、いまいちパンチに欠ける。


つくしのプランは、子供の職業体験が出来る施設。

色んな職業が体験でき、その中には工場の巨大な敷地を生かしての工場ラインがあったりして本格的。

中に入る体験施設は他の企業を入れ、あらゆる職業に対応する。
子供が体験している間、大人は外から見ることが出来るが、子供と離れて別の階で陶芸、お茶、料理教室やDIYなど、一度はやってみたいと思うような短時間の習い事も出来る。


楽しそうにプランを練っていた理由はこれだよな。


今までの道明寺にはない発想のプランだが、満場一致でつくしのプランに決まった。


つくしが俺の補佐になった当初、公私混同だとか言っていた役員も居たが、そんな奴らをつくしの実力で黙らせた形となった。


✳︎✳︎


会議が終わり、俺から少し遅れてつくしが執務室に帰ってきた。


「変な事言われなかったか?」

「ん?変な事って…、別に無いよ。」


社内でも俺と別行動する時はSPを付けているが、心配は尽きない。


隠している訳じゃねーが、つくしとの関係を公表して居ない為、俺の側にいるつくしの事を良く思わない奴はいるだろうからな。


「ねぇ、司。プロジェクトの事でお願いがあるんだけど…。」

「どうした?」

「企業を誘致するでしょ?そこに早乙女商事や花沢さん、美作さん、西門さん、滋さんにもお願いしたいな…と思ってるんだけど。ダメかな?」

「いいんじゃねぇ。ま、ダチでも仕事だからちゃんと資料作れよ。」

「あ、うん。実はもう出来てるんだけどね。」


そう言って、つくしの出してきた資料は完璧で、これを見ればみんな嫌とは言わないだろう。


「いいな。手っ取り早くみんな集めるか?」

「そんなの迷惑じゃぁ。。」

「仕事だ、西田に連絡取ってもらうわ。」

「ありがとう。」



3日後、会議室にみんなが集まった。


部屋に入るなり、

「司、仕事って何?」

「至急とか言ってたぞ。」

「まあ、待て。牧野から説明させるから。」


つくしは資料をみんなに配り、説明を始める。


「みなさん、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。」

「堅苦しくならなくていいから、説明して。」

「はい…。」


ひと通りつくしが説明し終わると、


「楽しそう〜。私も子供だったら行ってみたいよ。私たちは、どうしたらいいの?」


と大河原が食いついてくる。


「みなさんには、それぞれブースを担当していただきたいんです。例えば、花沢さんなら子供レストランにして、子供が料理を作ったり、付き添いの大人などに料理をサーブしたりするんです。細かくは相談して決めていきたいんですけど…。」

「わかった。なんとなくイメージ出来たから考えてみるよ。」


「じゃあ、俺のところは大人の茶道教室してもいいの?」

「はい。出来れば子供の方にも出してもらって、子供が立てたお茶を保護者やお友達とかにも飲んでもらっても楽しいかなって思うんですが…。」

「ああ、それもいいな。」



「ねぇ、つくしちゃん、子供のファッションショーなんてのもあり?」

「いいですね!綾さん。」


仕事のはずが、みんな段々くだけてくる。
まあ、このメンバーだからいいんだけどな。


「うちは、石油でも掘っちゃう?」

「し、滋さん…それはちょっと無理かも。。」

「ごめんごめん、冗談だけど、ちょっと目を惹くプラン考えてみるよ。」

「よろしくお願いします。」


そんな中、ちょっと考え込むようなあきら。


「あきら、気が乗らないか?」

「悪りぃ、そうじゃねーんだ。アパレルもつまんねぇから何をするか考えててさ。」

「いい案出たのかよ。」

「母親監修の料理教室もどうかと思ってよ。」

「知ってます。私の親友が行きたいけど、中々予約が取れないって言ってました。」

「じゃあ、2人でうちに来たら?」

「いいんですか?」

「ああ、大丈夫。母も喜ぶよ。」


最近、あきらの母親は料理教室を始めたらしく、それがかなりの人気なんだとか。


「おまえらなら、1ブースに限らずに、やりてぇ事やってみればいいんじゃねーの。な、つくし?」

「へっ?あ、そうだね。会社のイメージもあるだろうけど、新事業の足がかりに期間限定とかにしてもいいかもね。」


ちょっと慌てたようなつくし。
何か変なこと言ったか?


「なあ、おまえらって何か進展あったんか?」

「ああ、最近婚約したんだ。」

「へぇ〜、だから名前呼びなんだ。」

「まだ公表してないけどな。」

「司の親は?」

「ババァには認められてるんだ。この前、一緒にNY行ってるしな。」

「そうなんだ。そういえば、牧野さんって美作や花沢の内定も道明寺のほかにもとってたんでしょ?」

「あっ、はい。」

「なんで、早乙女だったの?」

「ちょっと、花沢くんそれって失礼じゃない?」


どんどん話が逸れていく。


「この後仕事がねーんだったら場所変えるか?」

「ああ、そうだな。」


誰が聞いてるかもしれない会議室で、つくしの話をするのもなんだから、メープルの個室に場所を変えることにした。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
つくしちゃんのプラン、キッ○ニアみたいなイメージです。
子供だけでなく、大人も楽しめたらいいのに…って思います。
関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/07 10:35 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/07 13:22 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます①
スリ○○○○○○様
うちの子達は、3回ぐら行ったかな〜。
年齢ごとに違う楽しみがあっていいですよ^ ^

つくしちゃん、大半には司くんの私用で近くに置いてると思われてます…。
それも、このプロジェクトで払拭出来たかな。。

みんなも協力的ですから、きっと楽しい所になるはずです。
この後は、みんなでどんな話になるんでしょうか…(*^▽^*)

くるみぼたん

2018/10/07 14:46 URL 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます
Ar○○様
初めまして、コメント残していただきありがとうございます♡
私も時々お邪魔させてもらっています^ ^

リンクの件ありがとうございますm(_ _)m
私の方でもリンクさせてくださいね。

Ar○○様のつかつくのお話も楽しみにしていますね(*≧∀≦*)

くるみぼたん

2018/10/07 14:53 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ