FC2ブログ

より速く。 9

練習の間の休憩時間。

トラックで走り込んでいる司。

そんな司を見ていた俺たち。

「なぁ、最近の司って気迫せまるものがないか。」

「ああ、気合い入ってるね。目標が出来たんじゃない?」

「次の試合、トップ取れるんじゃないか。」

「それを言ったら牧野もだね。」

「なぁ、2人の関係って・・・。」

「何にも無いんじゃない・・・まだね。」

「なんだよ持って回った言い方してよ。」

「そのうち、関係性が変わるでしょ、きっと。」

「ふーん。」

「邪魔しないで、見ててあげてよ。」


2人がどうなってるのかわからないけど、目指してる方向が同じ気がする。



✳︎✳︎


大会当日。


「道明寺先輩、これ勝利の御守りです。受け取って下さい。」


そう言って、あたしの手のひらに御守りを乗せて差し出す。


「サンキュ。ポケットに入れておくわ。」

「あのっ、もし…なんですけど、あたしがハードルで1番になったら先輩に聞いてもらいたい事があるんです。」

「俺も。1番取ったらおまえに話したい事があるんだ。」

「はい。」

「お互い頑張ろうぜ。」


そう言ってグッと拳を突き出すので、あたしも先輩に拳を合わせる。




元気100倍!

子供の頃に見たアニメのヒーローじゃないけど、すごくパワーをもらった気がする。




予選、準決勝共に1位通過。

決勝はまだ早く走れる気がする。





100mハードル決勝。




でも負けたら…そんな不安がふと頭をよぎる。

そんな時、決勝の為にグラントに姿を現した道明寺先輩と目が合い、グッと拳をこちらに向けてこちらを見て微笑んでいる。


ふっと肩から力が抜け、集中してスタートを待つ。




“Ready - Set - バーン‼︎”




スタートは完璧。

身体が軽く、流れるようにハードルを飛んでいく。

気がついたらゴールを切っていた。







結果は?





高校新記録での1位だった。




やった!!
グッとガッツポーズをする。


競技場を見回すと、スタートラインで道明寺先輩が準備している。

目が合い、今度はあたしがグッと拳を先輩に向けて微笑む。



いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/29 09:15 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/29 09:38 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/29 19:23 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
つく○○○様
つくしちゃんLOVEですね♡
つくしちゃん、頑張りましたよ!
次は司くんの番ですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
あ〜!!このお話のコンセプトまさしくそれです☆彡
最後まで、ブレずに書けるといいのですが…^ ^


り○○様
初めまして。
コメントありがとうございます♡
松潤の道明寺、私も大好きです(≧∀≦)
明日の、司くんの結果も楽しみにしてて下さいね!!


スリ○○○○○○様
2人とも考えている事一緒でしたよ(*≧∀≦*)

つくしちゃん、司くんのパワーももらって頑張りましたね!
青春ですよね(๑>◡<๑)
明日の司くんの結果もお楽しみに…。
いよいよ…かな(*'▽'*)

くるみぼたん

2018/10/29 19:43 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ