FC2ブログ

秋の匂い 〜Promise

早く仕事が終わって、邸に帰るとつくしと紫が部屋にいない。


「つくしは?」

「庭で焼き芋を焼いてますよ。」

「相変わらずだな。」


着替えてから庭に出る。





「パパ〜!!かえりぃ。」


葉っぱにまみれた紫が走ってくる。


紫はもうすぐ1歳半になる俺たちの愛娘。
髪は俺ににてクルクルなんだが、目が大きいのはつくし似。


「パパ、みて〜!」


落ち葉の山にダイブしてゴロゴロと転がっている。
子供の頃のつくしと一緒じゃねーか。



✳︎✳︎

幼稚部から帰ってきたオレは、玄関でつくしとすれ違う。


「つかさ、おかえりぃ〜。きょうのおやつはやきいもだよー。」


そう言って、庭に走っていく。

つくしはオレの1つ下の4歳。
料理人の娘で邸に暮らしている。


制服から着替えて、庭に行くと葉っぱにまみれたつくしが走ってくる。


「もうすぐおいもやけるって〜!それまで、つかさもいっしょにあそぼうよ。」


オレの手を引いて落ち葉の山に走っていく。


「みてて〜!」


そう言って山にダイブする。
ぷっ、つくしの方がやきいもみたいだ。


その後に、一緒に食べた焼き芋はなんか美味かったんだよな…。



✳︎✳︎


「司?おかえり。ぼーっとして、どうしたの?」

「ああっ、紫は子供の頃のつくしと一緒だなと思ったんだよ。」

「ふふっ、そうだね。あたしも今でも出来るけど…。」

「ばっ、おまえ絶対にするなよ。」

「わかってるって〜!」



クスクス笑っているつくし。


「パパぁ〜、ママぁ〜おいも〜!!」

「わっ、紫!熱いから待って。」


庭師が取り出してくれた焼き芋を触ろうとしている紫を慌ててとめる。


つくしが芋を割ると、焼き芋の匂いが辺りに広がる。


「ふーふーして食べるのよ。」

「はあ〜い。」

小さな芋のかけらをもらった紫は、口をいっぱい膨らませて、めいいっぱい「ふうぅ〜!」っと息を吐いている。


ホント、つくしの子供の頃と一緒だな。


「司、食べる?」

「ああ、紫の残りでいいわ。」

「じゃあ、こっちね。」


割った半分をもらう。

別に食いたくもないんだけど、子供の頃な俺が食べなかったらつくしが悲しんだからな…。
その名残で、少しだけは食べるようにしてる。

つくしは新しいのをもらって、紫と分けながら食べている。


「つくし、あんまり体を冷やすなよ。」

「うん、ありがとう。」


つくしは現在、2人目を妊娠中。
春に生まれてくる予定。


「まだ食べたい」って駄々をこねている紫をなだめながら、邸の中へ入る。
邸に入ってもクズっている紫。


「じいじとばあばと一緒にお芋のおやつ作るって約束してたでしょ。」

とつくしは厨房に連れて行く。


紫はぐずっていたのも忘れ、ちゃっかりエプロンを着けてお菓子を作ってる…つーかつまみ食いの方が多くねーか。


紫を任せて、部屋に戻るとしばらくしてつくしが部屋に戻ってくる。


「司、お茶入れたから飲もう。」

「ああ、サンキューな。後は俺がするから少し休んでろ。」

「うん。ありがとう。」


コーヒーとハーブティを入れ、テーブルに置く。


「ありがと。」


ハーブティのカップを手に取り、ふーふーと冷ましながら飲んでいるつくし。


親子そっくりで笑いが込み上げる。


「え、どうしたの?」

「さっきの紫見てたら、子供の頃のつくしとそっくりだと思ってさ。でも、今ハーブティ冷ましてる姿も似てて笑えた。」

「そうかなぁ?」

「ああ。」


カップをテーブルに置き、お腹に手を置き愛しそうに見つめている。


「じゃあ、この子は司に似た男の子かな?」


まだ性別はわからないけど、2人とも次は男の子な気がしている。


「俺に似てたら手がかかるぞ。」

「それ自分で言っちゃうの〜?司に似てたら優しい子になるよ、きっと。」


2人で笑っていると、カタンとドアが開き紫が両手でお皿をしっかり持って歩いてくる。
いつもなら走ってくるのに、お皿を落とさないようにそっと歩いている姿が可愛い。

お皿をテーブル置き、「どうぞ、めちあがれ」と自信満々な紫。


つくしとぷった目を合わせてから、1つずつ手に取る。


「紫が作ったの?上手に出来てるね!」

「うん!!」

「紫、美味いぞ。」

「へへっ、やったぁ〜!!!」


そう言って、自分も一口食べる。


「おいしいねぇ〜。」



紫が生まれて、子供中心の生活になっていくのも悪くねぇな。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
久々に『Promise 』です。
ちゃんと初期の2人をそのまま書けてるのかな…とちょっと不安(^-^;
関連記事

コメント

コメント(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/22 18:41 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/22 21:08 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/22 22:48 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
つく○○○様
そう言ってもらえると嬉しいです♡
2人の子供になりたい…。
私も続き楽しみにしてますね!!!

スリ○○○○○○様
いつもありがとうございます♡
そう言ってもらえてとっても嬉しいです(*≧∀≦*)
定期的には書いていけるように頑張りますね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

秋って何だろう…で焼き芋でした。
つくしちゃんと紫ちゃんは流石親子です!
いっぱい似てるところがあるから、司くんメロメロですね。

次は男の子…心に留めておきます^ ^


悠○様
お忙しいのにいつも感謝です♡
大好きって言ってもらえて嬉しいです(*'▽'*)

くるみぼたん

2018/10/22 23:08 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/10/23 02:15 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます!
Ar○○様
コメントありがとうございます♡
読み逃げ大歓迎ですよ。

このお話は、初めて書いたお話の続編です。
ほっこりして頂けて嬉しいです(*´∀`)♪

くるみぼたん

2018/10/23 08:02 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ