FC2ブログ

より速く。 15

「行ってきまーす」と家を出ると、壁にもたれて立っている司。


「おはよう。どうしたの?」

「迎えに来た。一緒に学校行こうぜ。」

「えっ、でも・・・。」


ちょっと戸惑っているあたしの左手を掴んで歩き始める。


「もう堂々としてようぜ。」

「いいの?」

「ああ、心配するな。」


2人で手を繋いで、電車に乗って学校まで行った。

校門を2人でくぐると、あちこちでざわざわしている。
ちょっと不安になって司の顔をみると、とっても優しい顔をしてあたしを見ている。
大丈夫って言ってくれてるみたい。


司に教室の前まで送ってもらい、教室の中に入ると、みんなから好奇の目で見られる。


「牧野さん、道明寺さんと付き合ってるの?」

「・・・うん。」

「長い間、道明寺さんの片思いだっだって聞いたよ。」

「そうそう。」

「道明寺さん、一途だよね〜。」

「牧野さん、道明寺さんの想いを受け止めてくれてありがとうね!」

「うっ、うん・・・。」


片思いって…?

何がどうなってるんだろう??


✳︎✳︎


お昼休み。

『F4サロンで待ってる』司からラインが入る。


聞きたいこともあるし、お弁当を持って行く事にした。

みんながいる、カフェテリアから階段を登っていかないといけなくて…下でちょっと躊躇っていると、司が階段を降りてきた。


「つくし、上に行くぞ。」


そう言って、あたしのお弁当をひょいと取って、手を繋いで階段を登る。


司が、あたしの手を取った瞬間、『キャー!!!』と叫び声がした。


サロンに行くと、西門先輩、美作先輩、そしてソファで寝ている花沢先輩がいた。


「牧野、ド派手な登場だな。」

「えっ。」


どう答えて良いかわからずオロオロしていると、


「ぷっ、冗談だよ。総二郎可哀想だからからかうのやめなよ。」


そう言いながら、花沢先輩が起き上がった。



司に引っぱられ、ソファの隣に座らされる。


「ねぇ、つ…道明寺先輩。みんな先輩の片想いって言ってたんだけど、どういう事?」

「あー、その話流したの俺たち。」

「だな。牧野が好きだったって言ったら、また誰かに妬まれたりするだろ。司が片想いしてた…って方が、丸く収まるんだよ。」

「でも、ずっと前から牧野の事気になってたでしょ?」


「「類???」」


「ほら、高校入ってすぐにみんなで中学の試合見に行ったでしょ。その時、司は牧野に釘付けだったじゃん。牧野が陸上部に入ってからは、ずーっと目で追ってるし、ハードル並べるの手伝ったりしてあげてさ。司が女の子に興味を示したのって、牧野しかいなかったよね。」

「ホントに?」


司の顔をみると、ちょっと赤くなってる?

「ああ」とぶっきらぼうに応える。


「だから、司のことよろしくな。」

「ちょっと俺様だけどな。」

「・・はい。」



「なぁ、これ食っていい。」

司がお弁当を開け始めている。

「でも、今日は1人分だし…。」

「弁当は俺が食うから、好きなもの頼めよ。」


メニューを見て、あたしが選んだものをオーダーしてくれた。


「司が人の作ったのも食べるって珍しいよな。」

「だな。差し入れとかも断ってるし、シェフの作ったものしか食わなかったのに、彼女は特別か。」

「牧野のお弁当、美味しかったよ。」

「へぇ〜。」

「また俺たちにも作ってよ。」

「あっ、はい。大したもの作れないですけど…。」


なんか隣で不機嫌なオーラを感じて司を見ると、怒ってるの??


「つくし、こいつらになんか作らなくていいんだよ。」

「えっ、でも。」

「独占欲丸出しじゃん。牧野に嫌われるぞ。」

「やっ、だってな…。」


さっきの不機嫌から、一気にあわあわとしている。
ふふふっ、友達といる時の司ってなんか可愛い。


「だから可愛いって言うなって。」


えっ、嘘っ?


「牧野、考えてる事が口から出ちゃってるよ。」


慌てて口を塞ぐ。


「ぷぷぷっ、司のこと可愛いだって…。」


何故か花沢先輩のツボに入ったようでお腹を抱えて笑っている。
結局、お昼休みが終わるまで花沢は笑っていた。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/11/04 12:35 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/11/04 15:25 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます♡
スリ○○○○○○様
お互い両思い…より司くんが好きだったという方が周りは納得しますよね^ ^
本人は気が付いてなかっただけで、あながち嘘ではなかったりします。
もう少し、お話は続きますよ〜╰(*´︶`*)╯♡

椿お姉さん…今回登場予定は無いのですが、楽しそうなのでお話膨らませてみますね(๑>◡<๑)


悠○様
ありがとうございます!
2人に試練を…とも思ったりするのですが、中々難しいです(^-^;
可愛い2人を応援してあげて下さいね♡

くるみぼたん

2018/11/04 22:29 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ