FC2ブログ

My destiny 8

金曜日。


会社を定時に上がって、スーツから持ってきた服に着替える。
この服は会社帰りに買いに行ったんだ。


薄いピンクのボートネックのニットにミモレ丈の黒のフレアスカート。
靴は黒の5センチヒール。
光沢があって、後ろにリボンがついてて可愛いの。


あたしにしてはちょっと気合い入れすぎ…?

リップも引き直して、準備万端。


9時より少し早くメープルのバーに到着する。


「お一人ですか?」

「えーっと、司さんと待ち合わせしてて…。」

「こちらへどうぞ。」


バーテンさんに案内されたのはバーの中にある個室。

バーテンさんはノックをして、「お連れ様がお越しになりました」とあたしに中に入るように手を指し示した。


「ごめん、遅かったよね。」

「いや時間前だろ。」


ブランデーのグラスを持っている左腕の高級そうな時計をチラリと見て、ふっと笑った。


「来てくれないかと思ったけどな。」

「ふふふっ、自信満々にみえるのに案外弱気なんだね。」


司の横に座って少しして、バーテンさんが飲み物を持ってきてくれた。


「これは…?」

「おまえの。」

「ワイン??」

「いや、ポートワイン。」


そう言った司の顔が少し赤い??


「飲んでいいの?」


少しいたずらっぽく聞いてみる。


「ああ、いや・・いいんだ。」


ふふっ、可愛い♡
躊躇いもせずに、ポートワインを一口飲む。


「わあ、美味しい!」


司は固まったまま。


「おーい、司くん??」


目の前で手をひらひらしても動かない。


「ねぇ、司。あたしと付き合ってくれる。」


そう耳元で囁くと、ハッと我にかえる。


「今、何て言った?」


クスクスっと笑って、もう一口ポートワインを飲む。


「それが答えか?」

「うん。先週、彼氏と別れたばっかりだけどいい?」

「ダメな訳ねぇだろ。」

「よかった。」


司は、はぁ〜っと大きく息をついてから、ウィスキーを一口飲んだ。


「正直ダメかと思ってた。」

「嘘っ、あんなに自信満々だったじゃない。」

「仕事ならどうにでもなるんだが、恋愛なんてした事ないからな。」

「そっか。」


なんだか司はまだ不安そうな様子。


「なぁ、聞いていいか?」

「ん?」

「何でOKしてくれたんだ。」

「んー、誠実そうで可愛かったから。それから、嘘はつかないって信じられたからかな。」

「それだけか?」

「うっ・・・司とね、Hして全然嫌じゃなかったから…。」

「肌が合うってやつか。」

「そうなのかな?あたし今までね、Hするのが怖かったし嫌悪感があったの。あの時、カシスソーダをあたしに選んでくれた司ならシてもいいかなって思ったんだ。だから自分の直感を信じてみようかな…と思って。」

「それを言うなら俺もか。つくしを見たときに初めて女が欲しいって思ったから。」


ふふふっ、お互い運命の人だったりして。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
ポートワインのカクテル言葉は『愛の告白』
このワインを飲めば『愛を受け止める』意味になります。
関連記事

コメント

コメント(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/11/19 12:35 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/11/19 16:25 編集返信
くるみぼたん
ありがとうございます♡
悠○様
私もこのお話を書くにあたって色々調べました^ ^
あんまりお酒には強くないんですが、面白いですよね!

そんなつもりも無かったのですが…いつの間にかつくしちゃんの方が積極的になってますね(⌒-⌒; )

お話を…続き待ってますよ♡


スリ○○○○○○様
そのままリクルートっぽいスーツで行くのもつくしちゃんらしいかな…とも思いましたが、ちょっと乙女になってもらいました^ ^

司くん、つくしちゃんなら『ポートワイン』の意味をわかってくれると思いつつも不安だったでしょうね(^-^;

つくしちゃん、まだ司くんの事知りませんよΣ(・□・;)
知ったときにどうするのか…。


拍手コメno○○様
コメントありがとうございます♡
そう言ってもらえて嬉しいです(*´∀`)♪


くるみぼたん

2018/11/20 07:54 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ