FC2ブログ

ニセ彼女 5

司さんとカレカノになってから、時間が合う時は一緒に帰るようになった。


いつも高級そうなレストランに連れて行ってくれるんだけど…うちの給料じゃぁちょっと背伸びな感じ。

しかも、いつも司さんのおごり。

あたしも出すって言っても、受け取ってくれないのよね。


「ねぇ、司さん、いつもこんな高級なお店だとお給料足りなくなるよ。」

「大丈夫だからさ、そんな事心配するなよ。」

「でも……」

「あー、つくしは可愛いな。」

「そう言って誤魔化すんだから…」

「あ、そうだ。お袋がつくしと会いたいって言ってるんだけどいいか?」

「うん。いつ?」

「来週の土曜日なんだけど平気か?」

「ん。大丈夫。」

司さんのお母さんかぁ〜。
どんな人なんだろう。




✳︎✳︎


土曜日、前に司さんのお父さんに会った同じ場所でお母さんに会う。

すっごく凛とした雰囲気を纏ってるんだけど、笑顔がステキな人。


「初めまして、司の母親の楓です。まあ、可愛らしいお嬢さんだこと。」

「はっ、初めまして。牧野つくしです。」


緊張をほぐすために、目の前にある紅茶を飲もうとすると、


「つくしさんも一緒に道明寺HDに来るんでしょ?」


司さんのお母さん、今なんて言った?
道明寺HDに行くのは司さんだよね???


「へっ???」

「結婚するんだから、当然よね。」

「えーっと…」


結婚って…まだ付き合い始めたばっかりだし…。


「手続きなんかはこちらでしておくから心配しないで。それでいいわよね、司。」

「ちょっと待ってくれよ。つくしにはそこまで話をしてないから…」


えっ?司さんも知ってるって事??


「あら、やっぱりあなたは仕事が出来ないのね。」

「うるせーな。俺らのペースがあるから邪魔するなよ。」


司さんは怒ってるけど…何が何だかわからない。


「はいはい。つくしさんあなたが娘になるのを楽しみにしているわね。」

「えっ、あっ、……はい。」


娘って言ってたけど…。
そんなあたしの疑問をよそに、笑顔で司さんのお母さんは喫茶店を後にした。




狐につままれた気分で司さんと喫茶店を出た途端に綺麗なお姉さんに抱きしめられた。


「可愛いわね〜!!!」

「ねっ、姉ちゃん!!つくしが苦しそうだから離してやれよ。」

「あら、ごめんなさい」


司さんに止められて、ようやくあたしを離してくれた。


「はぁ〜、だい・じょうぶです…」

「姉ちゃん、なんでここにいるんだよ。」


司さんのお姉さん??


「お父様もお母様も司の彼女に会ってるのに、私だけ仲間はずれなんて酷いじゃない!!」

「そんな訳じゃねえよ。」

「あっ、私、司の姉の椿よ!」

「牧野つくしです。」

「つくしちゃんね!名前も可愛いのね!!」


にっこりと笑った椿お姉さん。


「さっ、お買い物に行くわよ!」

「えっ??」

「私、妹とお買い物行くの夢だったのよね〜!」


お姉さんも妹って言ってる。
あたしと司さん、付き合ったばかりだよね。


「つくし、悪りぃ。こうなったら姉ちゃん止められないんだ。」


あたし達は椿さんにデパートや足を踏み入れたこともないセレクトショップなどに連れて行かれ…ファッションショーばりに何枚も服を着せられたの。



何がどうなったのかわからないけど、満足したらしい椿お姉さんは、友達と会う約束があるから…と帰って行った。



大量の服や靴などが家に届けられたのは次の日の事。



いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメント

コメント(5)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/09 11:03 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/09 20:47 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
司くんと付き合って、行ったことのない高級そうなお店ばっかりだと、心配になってしまいますよね。。

楓さんや椿さんに会って…
つくしちゃんの知らないうちに道明寺家の中で話しが進んでますよねΣ(・□・;)
司くん、ちゃんと話が出来るんでしょうか??
でも、その前に……♡

くるみぼたん

2018/12/10 08:07 URL 編集返信
くるみぼたん
悠○様
つくしちゃん、道明寺家のみんなから逃げ場のない状態に…。
でも、あんまり気づいてないのかも…Σ(・□・;)

くるみぼたん

2018/12/10 08:10 URL 編集返信
くるみぼたん
拍手コメno○○様
そうなんです。
周りから固められてますよねΣ੧(❛□❛✿)
つくしちゃん、どうするのかな。。

くるみぼたん

2018/12/10 08:13 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ