FC2ブログ

Happy Christmas♡ 5《完》

ゆらゆら揺れて暖かくて気持ちいい。


頬をスリスリとすると、ちょっとゴツゴツしている。


「くすぐってぇよ。」

「ごめん……えっ、なんで??」

「挿ったまま寝てた。幸せじゃねぇ?」


「だからって・・・ああんっ!!」


腰を突き上げると、可愛く鳴きはじめる。


「今日は、ずっと繋がってるか?」

「えっ・・・ああんっ・・・」

「つくしっ・・・」

「やだっ・・んんっ・・・デート・・」

「デートがどうした」

「したいのっ・・あんっ・・」


つくしを堪能した後シャワーを浴び、つくしの可愛いお願いを叶えるべく服を着る。



「どこ行きたい?」
「パンケーキ…パンケーキ食べに行きたい!!」

「げっ…。」
「じゃあいいや。1人でずーっと海眺めてるからっ。」


スタスタ…いや、ちょっとヨタヨタとしながら部屋を出て行こうとする。


「おいっ、待て。行ってやるから…なっ。」


慌てて引き留めると、ニヤッと笑っている。


「じゃぁ、パンケーキねっ!」


嬉しそうに、俺に腕を絡めてくる。



つくしが楽しそうだから
まあ、いいか。



ダイナーでブランチ。

俺の前で、美味そうにフルーツと生クリームたっぷりのパンケーキを食べているつくしをコーヒーを飲みながら眺めている。


相変わらずの食いっぷりだな。


もうすぐ、つくしが側にいる生活が日常になる。
楽しみだな。


「あっ、忘れてたっ!」


鞄をゴソゴソ探して、小さなプレゼントの包みを取り出す。


「クリスマスプレゼント。」
「開けていいか?」
「どうぞ。」


プレゼントはタイピンだ。


「サンキューな。」
「まだ離れてると思ったからさ。あたしだと思って付けてくれたらいいなぁと思って…//」


そう言いながらも顔は真っ赤。


「ふう〜ん、中々可愛い事言うじゃねーか。」
「・・・ううっ。」

「たっぷりお礼しないとな。」
「いい、もう貰ったから要らないって!!」


湯気が出るんじゃないかってほど真っ赤なつくし。


「何やらしい事考えてるんだよ…。」
「考えてないしっ!!」


クックッっと笑いが込み上げてくる。



「ねぇ、これから何処に行く?」

「ベッドに行くか?」
「もうっそんな事ばっかり…!!」

「行きたい所あるのか?」
「海行きたい。浜辺を散歩したいな。」
「おまえそういうの好きだよな。」


つくしの希望通り、ふらふらと浜辺を散歩する。
珍しく俺に腕を絡めてきて、ちょっと可愛い。
まあ、こんな時間も悪くねぇな。


その後は、何が楽しいのかわかんねぇが、ウインドウショッピングだと、ふらふらと店を見て回る。
お土産だと、花の形の木皿を買っていたのには笑った。



つくしとまったりと過ごした休日。
夕方にはNYに帰らなければならない俺に変わって姉ちゃんがつくしにもう一日付き合ってくれる事に。


部屋まで迎えに来てくれた姉ちゃんは、めざとくつくしの薬指の指輪を見つけ、


「いい報告が聞けるのかしら?」


なんて嬉しそうに聞いてくる。


「ああ。プロポーズを受けてくれた。つくしは一度日本に帰ってから、NYに来てくれる事になった。」


「つくしちゃん!!!」
「はっ、はいっ!」

「ありがとう!!!ようやく私の妹になってくれるのね!嬉しい!!!!!」
「おっ、お姉さん…うっ・・・」


相変わらず力加減の知らない姉ちゃんに抱きしめられ、つくしが苦しそうだ。


「姉ちゃん、喜んでくれるのはいいけど、つくしが苦しそうだぜ。」
「あっ、ごめんなさいね。ようやく夢が叶うわ。」

「夢?」
「私ね、子供の頃からこんなバカな弟じゃなくて妹が欲しかったのよね。」

「バカってなんだよ!!」

「本当のことでしょ?つくしちゃんがいなかったらバカなままだったでしょう。
あっ、2人のお別れが必要ね。
つくしちゃん、後でゆっくり話しましょうね。
30分でいいかしら、ロビーで待ってるわね。」


一気に話して姉ちゃんは部屋を出て行った。



「お姉さん、喜んでくれたね。」
「ああ。」

「司、待っててね。」
「早く来いよな。」
「うん。」


つくしが俺の首に手を回し、背伸びをしてキスをしてくる。
つくしの唇を離せず、どんどんキスを深めていく。
唇を離した時には、ふわふわで目をウルウルさせててたまんねぇ。


「はぁ〜、もう一回抱きてぇ。」
「もうっ!!」

「つくしだって、俺が欲しいって顔してたぜ。」
「だって…」

「だって、なんだよ?」
「司があんなキスするから…//」

「あ〜、このまま連れて行きてぇ…。」
「ちゃんと行くから…ね。」
「ああ、楽しみにしてる。」


最後にふわっと唇を重ね、つくしの大好きなキスをする。



ずっと会えなくても俺の事をずっと待っていてくれたつくし。
もうすぐ、一緒になれる。


つくしがNYに来るまであと少し。
彼女に恥ずかしくない男になるために…
貰ったタイピンをつけ、気合いを入れ直す。

END



いつも応援ありがとうございます♡

---------------

*・゜゚・*:.。..。.:*Merry Christmas!!*:.。. .。.:*・゜゚・*
皆さま、素敵なクリスマスをお過ごし下さい♡



5話も続いた割にあんまりクリスマスっぽく無かったですねΣ(・□・;)
甘〜い2人をお届けという事で…。
明日は、もう1話別のクリスマスのお話をお届けしますね。
関連記事

コメント

コメント(5)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/24 10:55 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/24 15:48 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
クリスマスはラブラブな2人がいいですよね♡
特別な事しなくても、2人で居られることが特別ですよね(≧∇≦)

この2人、司くんの誕生日にもう一度登場してもらおうかな…
と考えています╰(*´︶`*)╯♡

今日、うちは子供達とケーキを焼こうと思ったら…
キッチン計りが壊れてた( ̄◇ ̄;)
買いに走ったものの、時間的に無理で…
明日に持ち越しです。。

楽しいクリスマスを♡

くるみぼたん

2018/12/24 18:59 URL 編集返信
くるみぼたん
つく○○○様
へへっ、ありがとうございます^ ^
クリスマスはハッピーでないと…♡

おおっ、それいいですね!
ちょっとそんな感じで考えてみますね^ ^

出来たら、そちらに送りますね。

くるみぼたん

2018/12/24 19:04 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/24 22:18 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ