FC2ブログ

ただいま恋愛中 3


ある日、俺が仕事から帰ってきたら、家の電気がついていない。

珍しいな…と思いつつ、リビングの電気を付けると部屋の真ん中にペタンと座っているつくし。


「どうしたんだ?体調悪いのか?」

「あっ、支社長…お帰りなさい。」


そう言って、またその場でぼーっとしている。


「何かあったのか?」


いきなりポロポロと涙を流し始める。

泣いているつくしに根気よく話を聞き出していると、父親が事故にあって重体だと連絡があったと。
ショックで腰が抜けて動けなかったらしい。


「おまえ、バカか!!病院どこだ?今から行くぞ!」


腰の抜けたつくしを抱き抱え、リムジンに乗せて病院に行く。



病院に着く頃に、ようやくつくしも正気を取り戻した。


✳︎✳︎


「パパっ!!」


病室に入ると、思いの外元気そうなパパ。


「パパ、重体って??」

「つくしごめんね。ママがパニックになっちゃって…。」

「大丈夫なの?」

「心配かけたね。自転車でちょっと車にぶつかってね。」


幸い、手の骨折だけで大事には至らなかった。


「もうっ、心配させないでよね!」

「道明寺さんもお世話おかけしました。」

「大事に至らなくてよかったです。私がいるとゆっくり出来ないでしょうから、そろそろ帰ります。お大事にしてください。」

「ありがとうございます。」


病室を出る司さんの後をついていく。


「司さん、今日はありがとうございました。」

「いや、大事に至らなくてよかったな。」

「はい。」

「1週間、親父さんについててやれ。」

「でも…。」

「仕事も休みにしててやるから、心配するな。」

「はい。ありがとうございます。」


あたしの頭をポンポンとしてから司さんは帰って行った。




✳︎✳︎


翌日、病室が個室に変わり、運転手さんからあたしの着替えやパパへのお見舞いの品が病院に届いた。


「道明寺さんって優しい人ね。」

「うん。」

「突然結婚するって聞いてびっくりしたけど、上手くいってるのね。」


ママには3年の偽装結婚だと言えなかった。



パパは検査の結果、問題もなく無事に退院した。





✳︎✳︎


1週間後。


「司さん、ありがとうございました。」

「親父さん大丈夫なのか?」

「ギブスはしてますが、退院して来週から仕事に行くそうです。」

「そうか、よかったな。」

「はい。」


あたしが高校の時に思っていた司さんと今の司さんは違うことに気がついた。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
0時につくしちゃんの誕生日のお祝い短編をUPしてますので、よかったら読んでくださいね^ ^
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/12/28 10:43 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
こちらにもありがとうございます♡

まだ、2人の距離は遠いですからねf^_^;

つくしちゃんが、いつもと違う様子を見て
流石に放っておける司くんではありませんよね。
病院に連れて行ってもらって、重体ではなくて一安心したつくしちゃん。

色んな手配をしてくれた司くんにつくしちゃんからの印象は少し変わりましたよね。
次は、一気に2人の関係性が変わりますよ(≧∇≦)

くるみぼたん

2018/12/28 20:25 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ