FC2ブログ

ただいま恋愛中 7

久しぶりにパーティにつくしと出席する。


今回は、俺がつくしのドレスをコーディネートした。

着替えて、メイクアップしたつくしは別人のように綺麗だ。
あ、元から可愛いんだけどな。


「つくし、似合うな。俺の見立て通りだ。」

「司さんが選んでくれたの?ありがとう。」

「ほら、いくぞ。」

「はい。」


腕を出すと、俺の腕に手を添えてくる。

邸でレッスンを受けているから、初めてパーティに出た時よりマナーが身についてきている。


パーティとは言え仕事だ。
ひたすら2人で挨拶回りをしていく。


ひと息ついたところで

「大丈夫か?」

耳元に口を寄せて聞いてみれば、

「ん、平気。」

とニコッと笑いながら上目遣いで答えるつくし。


可愛いじゃねーかよ。





「司?久しぶりだね。」

「類!お前帰ってたのか?」

「昨日ね。また明日には帰らないといけないんだ。」

「そうか。たまには飲みに行こうかと思ったがそれなら無理そうだな。」

「この後なら暇だからいいよ。牧野もおいでよ。」

「あっ・・・花沢類!」

「お前ら知り合いなのかよ。」

「うん。そうだよね、牧野。」

「うっ・・うん。」


つくしがちょっと顔を赤らめている。

俺の知らない2人に、ちょっとイライラする。


「類、後でメープルのバーな。つくし、そろそろ行くぞ。」

「あっ、はい。」


グッと腰に手を回してつくしをエスコートする。




「なんだ、ちゃんと夫婦やってるじゃん。」


そう言った類の声は俺たちには届いてなかった。


✳︎✳︎


パーティが終わり、メープルの最上階で着替えてからバーにつくしをエスコートして行く。


個室に入ると、類の他に2人。
総二郎とあきらまで来ている。


「おまえら暇なのかよ?」

「類も久しぶりだし、司が嫁連れてくるって聞いたからよ。」

「…だな。」

「はじめまして、道明寺つくしです。」


つくしが丁寧に自己紹介をしている。


「こいつらに、そんなかしこまらなくていいぞ。」

「俺、美作あきらね。」

「俺は、西門総二郎。」

「俺のことは知ってるよね…牧野。」


ソファに座り、つくしを俺の隣に座らせる。



「なぁ、司。偽装結婚ってマジなのか?」

「ああ。」

「そうは見えないんだけど…。」

「どういう事だよ!」

「いや、普通に仲よさそうだし、偽装結婚ならおまえ絶対に連れ歩いたりしねーだろ。」

「いくら嫁でも、司が女とプライベートで一緒にいるってあり得ねーな。」

「そうだよね。司、牧野の事好きなの?」





「・・・わかんねぇ。今2人で恋愛中だ。」

「「ぷぷぷっ!!!」」

「恋愛中って、おまえら小学生かよ??」

「うるせーなぁ!!」

「籍も入ってんだろ?今さら恋愛って…」


総二郎とあきらは笑い転げている。


「牧野はそれでいいの?」

「うん。少しずつ司さんの事を知りたいって思ってます。」


少し顔を赤らめながらも類の質問に答えるつくし。


「なぁ、類?牧野って…おまえら知り合いなのか?」

「うん。非常階段友達だよね。」

「「「はぁ?」」」

「牧野も英徳の高等部と大学に行ってたんだよ。
たまたま、昼寝してた非常階段で知り合ったのがきっかけで仲良くなったんだ。」

「へぇ。じゃぁ、司の悪業知っての今の関係なんだ…。」

「牧野、よく非常階段でキレてたよね。傲慢だ〜とか自己中だ〜とか言って。」

「花沢類!!」


俺の知らない類とつくしが気に入らねー。
ロックのウイスキーをぐいっと一気飲みする。


「司さん⁈あんまり飲みすぎないで下さい。」

「これぐらいで酔ったりしなねーよ!」

「でも…。」

「酔ったら、つくしが介抱してくれるんだろ?」


ぐいっと肩を抱き寄せる。


「もうっ!やっぱり酔ってるんじゃないですか…。」


「えっと、つくしさん。司連れて帰ってやって。」

「俺たちは適当に飲んでるから気にしないでいいよ。」

「あっ、はい。皆さん、おやすみなさい。」


ペコっと頭下げ、


「司さん、帰りますよ〜!!」


と俺の手を引っぱって立たせる。

これぐらいで酔ったりなんかしないんだが、つくしにされるがままにバーを出た。



✳︎✳︎

「司、全然酔ってなかっただろ?」

「ああ。まあいいんじゃない。あのままだとキレてただろうし。」

「司は牧野の事を絶対好きだよね。」

「ああ、間違いないな。あんなに女にベタベタするの見た事ないぞ。」

「類にヤキモチ焼いてたしな。」

「だな。」


遅すぎる親友の初恋に、3人でふっと笑った。



いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/01/04 10:21 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
つくしちゃん、英徳に通ってましたからね。
類くんとは知り合いだったんです。

そんな2人を見て、面白く思わない司くん…
ちゃんとつくしちゃんの事を好きになってますよね(^_−)−☆

司くん、F3には気持ちも全部バレバレですよね〜。
まだちゃんと告白してないから付き合ってないけど、
独占欲丸出しですから(*≧∀≦*)

2つもありがとうございます♡
楽しんで頂けるといいのですが☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

くるみぼたん

2019/01/05 08:12 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ