FC2ブログ

Garnet 11




長谷川大和をとあるオフィスビルに呼び出す。


仕事だと思ってやってきた男。


「初めまして、長谷川大和です。
本日はよろしくお願いします。」


顔を上げた男はアッという顔をし、
敵意むき出しに話しかけて来た。


「おまえは、つくしと一緒にいた男だよな。
そんな奴が何の用だ。」

「仕事をやる。ハリウッドの仕事だ。」


ポンっと書類を放り投げる。


それをチラッと見た男は、
驚き、慌てて書類を拾い上げる。


「詐欺じゃねーんだろうな。」

「ああ。」


俺の持ってきた仕事は、
一流ハリウッドスターの写真集のカメラマン。

カメラマンなら一生に一度はやってみたい仕事なんだろう。


「その代わり、二度と牧野の前に姿を現わすな!」

「ふっ、そう言う事か。
こんなチャンス二度とないからな。
……わかったよ。」



こいつにとって、牧野の存在はそれぐらいでしか無かったと思うと、怒りが込み上げてくる。



「西田、後は頼んだ。」


そう言って部屋を出る。




西田は、長谷川大和に仕事の契約書と
牧野に今後一切近づかないという誓約書を書かせた。



ハリウッドスターの写真集の撮影。
と言っても、ある有名カメラマンのゴースト。


だから、こいつの名前が世間に出て来ることは一切無い。


英語で書かれた契約書はゴーストの事、
そしてゲイで有名なカメラマンの愛人になるといった事も書かれている。

ちゃんと日本語で書かれた物も準備していたが、
プライドの高そうな男は英語で書かれた契約書をさらっと読んでサインをしたらしい。



きちんと契約を交わしているから、
真実を知って逃げようとする事は出来ない。


この男は、もう二度と表舞台に出てくることはないだろう。
牧野を怖がらせた代償はきちっと取ってもらう。



この事は、一生牧野は知らなくていい事だ。




いつも応援ありがとうございました♡

---------------
ちょっとBLACK な司くんでした。

関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/01/26 09:49 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/01/26 09:49 編集返信
くるみぼたん
澪○○○様
コメントありがとうございます!
ブラック司くん…
つくしちゃんのためなら権力とお金をフル活用しますよね。
そこら辺はちょっと考えたので…大丈夫なラインで考えてみました。

契約書…ほんとですよね。
適当に読んでサインしたらダメですよね。
大和くん、陥れちゃって…ごめんなさい(>人<;)

くるみぼたん

2019/01/26 22:55 URL 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
司くん、表向きは美味しい仕事と見せかけて
裏のある仕事を持ってきました。

大和さんは、司くんの事を知らないまま…ですね。
どこかで知ることになるのかな。

司くん頑張って欲しいですね!

くるみぼたん

2019/01/26 23:14 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ