FC2ブログ

Garnet 13




「つくし、次の土曜日用事ある?」

「無いけど。」

「じゃあ、うちに遊びに来てくれる?
総二郎さんいなくて暇なんだ。」

「いいよ。」


あれから優紀とは、頻繁に連絡を取ってて
時々マンションにお邪魔させてもらってるんだ。

妊娠中だし、仁くんの事を考えるとマンションの方が楽なんだって。



手土産に高校の頃にバイトしてた店の和菓子を持って
約束の時間にマンションに行くと、靴が何足かある。


「あれ、ほかにお客さん?」

「まぁいいから、つくし上がって。」


リビングスペースに入って途端、


「つくしぃ〜!!!」


声と共にドンっとぶつかられ…
いや抱きしめられる。


この声は…


「しっ、滋さん??」

「滋さん、いい歳なんだから落ち着いて下さいよ。」

「ごめんごめん、つい嬉しくってさ。」

「……桜子まで。」

「あきらさんが、連絡先渡したって言ってたのに
中々連絡来ないんですもん。
優紀さんにお願いしちゃいました。」



ずっと疎遠にしてたのに
あたしに会いたいって思ってくれたのかな。



「「当たり前でしょ!!!」」


「ごめんね……。」


2人の優しさが嬉しくって、
それ以上言葉が出なくて…。


「先輩、泣いたら不細工になりますよ。」

「元々こんな顔だよ。。」

「そうでしたね。」

「みんな、そんな所で立ち話してないでソファに座って下さい。」


優紀に声を掛けられ、みんなでソファに座る。



「桜子、来年結婚なんだってね。
おめでとう!」

「ありがとうございます、先輩。」


桜子は、大学に行きながら
化粧品のブランド『Blossom』を立ち上げ、
今や人気のブランドなんだそうだ。

美作さんとは
仕事の相談をしているうちに、
恋人関係になっていったんだって。


「滋ちゃんはね…」

「滋さん、いい加減それやめませんか?
もう30歳でしょ?」


滋さんは、大河原財閥の専務で
ドバイを中心に仕事をしている。

ドバイで知り合ったラシードさんと
結婚も視野に付き合ってるんだって。

ラシードさんはドバイで有名な若手実業家。
うひゃぁ〜、世界が違うわ。


「先輩もそのうち同じ世界に来られるんですよね。」

「へっ??」

「道明寺さんと結婚されたら、そうなりますよ。」

「結婚って…」

「いつまでグダグダされてるんですか?」

「・・・・・」

「道明寺さんが他の人と結婚してもいいんですか?」

「・・・それは嫌かも。」

「じゃあ、ちゃんと考えて下さいね。」

「………うん。」




✳︎✳︎


夕方には西門さんと美作さんも合流して
そのまま夕飯を頂くことに。


「優紀、しんどくない?」

「平気だよ。久しぶりに楽しいね。」

「うん。ありがとうね。」

「いいえ〜。」


優紀も桜子もラブラブで
ちょっと当てられちゃったな。


「あ〜、早くダーリンに会いたい♡」


滋さんがそう思うのもなんとなくわかる。

ここに道明寺かいたら…
って思っちゃうあたしがいる。



滋さんのペースに付き合ってお酒を飲んでいたら、
少し酔っちゃったかも。


「あたし、そろそろ帰るね。」

「牧野、ちょっと待て。
司が迎えに来るから。」

「へっ?」

「一緒のマンションに住んでるんだろ?
牧野は、酒が弱いから心配してたぞ。
甘えとけ。」

「……うん。」


道明寺が西門さんのマンションに到着して、
そのままお酒でふらふらしているあたしを連れて帰ってくれた。


リムジンの中で、道明寺にもたれかかっていると
いつのまにか寝ていたらしく
起きたら、自分の部屋のベッドの中だった。



いつも応援ありがとうございます♡

---------------
桜子ちゃん、滋さんに再会です(*^▽^*)


昨日の嵐のニュース、びっくりしましたΣ(・□・;)
個性がそれぞれ違うけど、5人で仲良くしてる姿が好きなので、とっても残念です。
みんなが、得意な方面で輝いていってくれたら嬉しいな…と思います。

関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/01/28 14:54 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
桜子ちゃんに滋さんにも再会出来ました^ ^
みんなつくしちゃんの事を待っていてくれましたね。

司くんも記憶が戻って…後はつくしちゃんの判断を待つばかりかな。


なるほど…そちらからだったんですね。
私は、熱狂的なファンではないのですが、
好きなグループの一つで、
子供達が嵐の番組好きなので、なんか残念です。

くるみぼたん

2019/01/28 21:30 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ