FC2ブログ

Garnet 25





パンパンパーン!!


「キャッ!」
「うおっ!」

突然鳴り響いたクラッカーの音にびっくりする。


部屋の中には、F3に優紀、桜子、滋さん達。


「なんで居るんだよ!」


若干キレ気味の司だったけど…
久しぶりにみんなが揃ったのかも。。


寝室で着替えようと思ったら、司にぐっと引き寄せ
られて唇を合わせられた。

どんどんキスが深くなってきて、もう足の力が入らない…
司にぐっと抱きついていると、ようやく唇が離れる。


「はぁ〜、みんないるのに…」

「これぐらいいいだろ?ずっと我慢してたんだよ。」


もう一度唇を塞がれ、ぐっと舌を押し込まれる。
ぼーっとしてきたところで唇を離され、満足そうな司。


「着替えて行こうぜ。」
「……ん。」

「あいつらさっさと返して、今晩も可愛がってやるからな。」
「ん。」

「珍しく素直じゃん。」
「ほら、籍は入ってるけど、あたし達にとっては初夜なわけだし……」

「くそ〜、こんな時に煽るなよな。絶対あいつら早く帰してやる!」

「もう〜、そんな事言わないの。忙しいのにみんな来てくれたんだよ。」



着替えてみんなのいる部屋に行くと、

「遅かったな。ヤってたんじゃねーの。」

なんて揶揄われる。


「お前ら邪魔なんだよ!!」

「司!!」

「はぁ〜、今日は来てくれてサンキュ。」

「猛獣使い健在だな。」

「牧野、司が嫌になったらいつでも言って。隣空けてるから。」

「類!!フザケンナ!!」

「じゃあ、幸せにしてあげなよ。」

「当たり前だろっ。」

みんなで乾杯して、どんどんグラスが空になっていく。

優紀は、仁くん達を寝かしつけに部屋に戻っちゃって、
桜子、滋さんも珍しく酔いが回ったらしく早々に部屋に引き上げた。

F3も珍しく、早く部屋に戻っていったんだ。


「珍しくみんな早く引き上げたね。」

「気ぃ使ってんだろ。それにあいつらも今からお楽しみじゃねーの。」
「えっ//」

「さっきはさ、類もあんな事言ってたけど、最近彼女が出来たらしいぜ。」

「えっ、本当に??」
「ああ。フランスで知り合ったヤツらしいけど、
あきらが言うにはめちゃくちゃ美人なんだって。」

「そっか、よかったね。」
「おまえ、寂しくねーの?ソウルメイトなんだろ?」

「だって、類にも幸せになって欲しいし、それに…」
「それに、なんだよ?」

「あたしには司がいるもん。幸せにしてくれるんでしょ?」
「ああ。幸せにしてやる。」


あたしだけに見せるとびっきり甘い顔をして見つめられる。


「ベッド行く?でも先にシャワー浴びたいな。」

「一緒に入ろうぜ。」
「ん。」

シャワーを浴びながら、身体の隅々まで司に洗われて、
あたしを誘ってるかのように触れる司に我慢が出来ずにあたしから求めちゃった。


ようやく公にできた2人の結婚。
司は初めて避妊をせずにあたしの中で果てたんだ。


ベッドに行っても、お互いを求め合い一晩中愛し合った。







「思春期のガキと一緒じゃねーか。」

一晩中愛し合った、俺とつくし。

あれほど嫌悪感があった行為もつくしとなら、
いくらヤっても足りねぇ。

今では、毎晩抱かないと眠れないし、ますますハマっていく。
抱き潰してしまうこともしばしば。

体格差もあるし、受け入れるつくし大変じゃないかとも思うが止められない。

俺の腕の中で、くーくーと気持ちよさそうに寝ているつくしの髪を撫でていると、


「……んんっ、つかさ?起きたの?」

「悪りぃ、またがっついちまったな。」

「気持ちよかったから・・・だいじょうぶ」

「その答えはやべぇだろ?」

「流石に今日は無理だよ…」


どんな俺でも受け入れてくれるつくし。

俺のことを道明寺司としてではなく
ただの男として見てくれる唯一の存在だな。





いつも応援ありがとうございます!

---------------
明日でラストになります(≧∇≦)
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/02/09 12:32 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
F3 & T3集合…大正解でした。
勝手に乗り込んじゃったんですけどねσ(^_^;)

もう若くないし、みんなそれぞれ楽しみも待ってますから
早めにお開きです(*≧∀≦*)

明日のラストは、こんな感じもいいのかな…と思って書いてみました♡

くるみぼたん

2019/02/09 20:45 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ