FC2ブログ

Rabbits 3




次の夏休み、姉ちゃんと一緒に軽井沢の別荘を訪れたが、
つくしが姿を表す事はなかった。


すっげぇがっかりして、
ずっと部屋から出なかったんた。


その夏以来、俺が軽井沢の別荘を訪れる事は無くなった。


***
「つかさ、夏休みはウサギちゃんとあわなかったの?」

「いなかったんだ…。」


オレの誕生日に黙って帰ってから、1度もつくしに会ってない。


「そうか。ひっこしたんじゃねーの。」

「わかんねーよ。」


総二郎やあきらにつくしの事を聞かれるけど、何にもわからない。


いつの間、あんなに大事にしていたウサギと
つくしからもらったハートの折り紙がどこかにいってしまってた。


「司、ウサギちゃんのことダイスキだったよね。」

「るっ、るい!!そんなはずねーよ。」

「だって、ウサギちゃんの事話す司、いつもうれしそうだったもん。」



もう2度と会えないかもしれないつくしの事を心の奥深くにしまい込んだ。











********




高等部が1年過ぎ、
春休みに久しぶりに軽井沢の別荘を訪れた。


ふと覗いたクローゼットの奥に箱を発見し、
開けてみるとウサギのぬいぐるみと折り紙が入っていた。


こんな所にあったのかよ…


折り紙には『つかさへ』ときったない字で書いてあり、
あの時には気付かなかったが、中にも何か書いてある。
折り紙を丁寧に開くと『だいすき♡つくし』というメッセージと
ウサギの絵が書いてあった。


「ふっ、きったねぇ字。『つ』も『さ』も逆さまじゃねーかよ。」


なんで、あの時に気付かなかったんだろうな。
子供の頃の淡い初恋を思い出して笑った。





*****


英徳高校に入ってF4と呼ばれ、
好き放題していた俺。

全てに対してイライラしてて、
その捌け口として暴力だったり
赤札貼って遊んでいた。



2年に入ってすぐの頃、
暇つぶしに入った図書館でスマホを拾った。

落ちているのを見つけて放っておけばよかったがつい拾ってしまった。

電話が鳴り、持ち主が探しているのかと思い電話に出た。


「あっ、すみません!この携帯あたしのなんですけど…」


ちょっと焦ったような女の声。


「ああ、図書館だ。」

「図書館だったんですね。
ありがとうございます。
すぐにとりに行きます!!」

それだけ言って切れた電話の待ち受け画面を見てドキッとした。

そいつの待ち受け画面は
最近見たのと同じウサギのぬいぐるみ。

耳にリボンがついてあって
俺の持っているものとペアのやつだ。




「すみませ〜ん!!」


図書館なのにバタバタと走ってくる女。
携帯を渡してやる。

「ありがとうございます!!」

ペコっと頭を下げて見せた笑顔に
子供の頃のつくしがオーバーラップする。


「まかさな……」


つくしが英徳に居るわけないし、
気のせいだと思ったが、
それ以来、時間があれば図書館に行っていた。




いつも応援ありがとうございます☆彡


関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/02/13 11:58 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
司くんがつくしちゃんに会えなくなったのも理由があったりするんですが…
それはもう少し後のお話で。

久しぶりに訪れた軽井沢の別荘で、いつのまにか
手元からなくなっていたウサギと
つくしちゃんからの手紙を発見しました。

そしてウサギを待ち受けにしてる女の子との出会い♡
まだ、名前は聞いてませんが、司くんの中には確信っぽいものがありますよね。
さあ、司くんどうするのかな…。

『Garnet』の番外編は0時にUPしますね。

くるみぼたん

2019/02/13 19:44 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ