FC2ブログ

snowdrop 2 (つくしんぼ様)





「金持ちってやつは」

つくしは得意そうに隣に立つ男を見上げてからため息を吐く

「てか、ここどこ」

「あ?見りゃわかんだろ」

「解んないから聞いてんでしょ?」

「………」

「え、まさかあんたも知らないとか?!」

「アホか。どうやって来んだよ。デクモタイシャだ!」

つくしは額に眉を寄せて
司の言った言葉を繰り返した

「デクモ?何それ……」

「お前本当に日本人かよ。有名だろうが。ソバがうまいんだとよ。タマが言ってた」

「……それを言うなら出雲(いずも)だ」









長い列にイライラする司を何とか宥めていると
ようやく順番が回ってきた二人は賽銭箱の
前に立った

「これに投げるのか」

司はそういって分厚い封筒を取り出す

「えっと、それは、まさか」

予想出来すぎて若干顔がひきつるつくし

「500万」

「どこの世界に賽銭で500万投げるやつが居んのよ」

「俺」

「………」

つくしは司から封筒を取り上げると側にいたSPさんに
渡して司には5円を渡す

「これで叶えてくれんのかよ?!無理だろ!!」

「黙って投げろッッ!!」

ようやくパンパンと手を合わせて二人は願い事をする

司は「牧野の着物を脱がせる」と願いなんだか野望なんだかとにかく邪なことを
願ったあと、まだ目を閉じて願い事をしてる
つくしに内緒で5万投げた

やっぱりあれじゃ叶わない気がしたから。

ちなみに司が持ってきたお金は初穂料?
として奉納された。







いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ