FC2ブログ

もういちど。 35

『お前らが婚約かぁ〜。』

『記憶が戻ってすぐだよな?』

『始めから誕生日にプロポーズするって決めて準備してたんだよ!』

『司のお母さんは?』

『ああ、プロポーズの後に西田から連絡がいったんだろうな。年始に婚約発表、6月に結婚式って、ババァから連絡があった。前にNYに行った時に婚姻届の証人にサインもらってるんだよ。』

『すぐに入籍するの?』

『プロジェクトが終わったらいつでもいいってさ。』

『婚約発表したら、牧野は仕事どうするの?』

『牧野の名前は伏せて婚約発表して、プロジェクトが終わったら、俺の第2秘書になるんだ。』

『副社長と秘書って、なんかエロいな。』


お鍋を一通り食べ終えたので、ミトンをつけ下げようとすると、司が代わりに持って行ってくれ、
新しいお皿や持ってきてくれたお料理やフルーツも一緒に運んでくれた。
桜子たちが、目をキラキラさせながらその様子を見ている。


『ね、ねっ、いつも司は手伝ってくれるの?』

『普段はあんまりしないよ。あ、でも今日は準備手伝ってくれたんだよね。』


F4みんなで、キッチンで野菜を切ってたんだよって写真を見せると、もっと早く来ればよかった…って桜子は本気で残念がっていた。



お料理も食べ終えたので下げ、おつまみやデザート、コーヒーの準備をしていると、ワインを取りにきた司にいきなりキスをされる。

『お前も楽しんでるか?』

『うん、楽しいよ。ありがとね。みんなまだ飲みそう?』

『ああ、まだ飲むだろ。』

『明日仕事でしょ?飲み過ぎないでよ。』



おつまみと、美作さんのお母さんが作ったケーキと女子にはハーブティーを出す。
滋さんは赤ワインでケーキを食べていた。


『ねえ、先輩、今日はお酒飲んでませんけど、妊娠したんですか?』

『えっ??今生理中だししてないって。酔ったら片付けとか出来ないから飲んでないだけ。』

『なーんだ。残念。』


もうっ、司の近くでそういう話やめてよねー。


明日、司は仕事なので、10時を過ぎたところでお開きになる。
みんな、"おめでとう!ご馳走さん"と口々に述べて帰っていく。



みんなが帰ったので、片付けていると、ソファーに座っている司にグッと手を引かれ、ソファーに座らせられる。
司がゴロンとソファーに転がり膝に頭をのせる。

『どうしたの?疲れた?』

『いや、こうしたかっただけ。』


私の頬を撫でながら話をする。


『今日は、ありがとうな。』

『何が?私も楽しかったよ。』

『家にこんなふうに人を呼ぶ事がなかったからな。』

『F3とか遊びに来てたでしょ?』

『いや、なんか違うんだよ。おまえと一緒だとさ。なんかあったかいっていうか…。』

『じゃあさ、人が集まってくれるようなあったかい家庭を作ろうよ。』

『あいつら毎週来そうだぜ。』

『ふふふ。そうかもね。』


グッと頭を引き寄せられ、キスをする。



状況は目まぐるしく変わったけど、のんびり司と過ごした年末年始だったな。




お越しいただきありがとうございます!
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/05/22 16:49 編集返信
くるみぼたん
No title
スリ○○○○様
桜子ちゃんは、色々と鋭そうですからね…。

きっと、財閥を背負っていくのなら、のんびり年末年始を過ごす事もないんだろうと思いつつも、ゆっくり過ごさせてあげました。

お話をもう書き終えてるのですが…、大きなのも小さいのもきっとないです。
残り10話、もう少しお付き合い下さいませ。

くるみぼたん

2018/05/22 23:36 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ