FC2ブログ

Two-faced 18






翌日、司さんは仕事だと朝から出かけて行った。
あたしと結婚する前からだったのかな、
司さんは高校生なのに会社の仕事をしてるんだ。


その間に、離婚届にサインをして、
手紙を書き、少ししかないあたしの荷物をまとめてマンションを出た。



東京駅に出て、どこか温泉街に行って
住み込みの仕事を探そうと路線図を見ていると、


「姉ちゃん!」


と声をかけられた。


振り返った先にいたのは、進だった。


「姉ちゃん、どこか旅行に行くの?」

「あっ、うん。」

「道明寺さんと仲良くやってるの?」

「えっ、まあ…。」


なんで進は司さんのことを知ってるの?


「そっか、よかった。」

「パパとママはどうしてるの?」

「あれから、道明寺さんが仕事を紹介してくれてさ、
真面目に働いてるよ。」


えっ?司さんがパパ達に仕事を紹介してくれたの?


「まだ、あのアパートに住んでるの?」

「あれ、知らなかった?
紹介してもらった仕事先に寮があってさ、
そこで3人で暮らしてるよ。」

「そうなんだ。
あっ、あたしそろそろ行かなきゃ。
進、またね〜。」


券売機で適当に切符を買い、
逃げるように改札に入っていった。


ど、どうなってるの?


司さんが、パパとママを助けてくれていたなんて…。
頭の中がこんがらがってパニック状態。


ホームに上がろうとした時に、
パッと目に入ったポスターの熱海にいくことにした。



鈍行でガタンゴトンと揺られながら、
今後の自分の身の振り方について考えているうちに、
眠ってしまった。




***



仕事を終え、マンションに帰るとつくしがいない。

ダイニングテーブルには、
つくしのサインが入った離婚届と携帯とブラックカード、
現金、そして手紙が置いてあった。



++++++

司さんへ

助けて下さってありがとうございました。
でも、これ以上お世話になる訳にはいかないので、
ここを出ることにしました。

何もお返しする事が出来なくて申し訳ありません。

毎月3日のケーキ、とっても嬉しかったです。


お金は、時間がかかるかもしれませんが必ずお返しします。

今まで本当にありがとうございました。




つくし

+++++



はぁ〜、悩んでたのはこれだったのか?

行く宛なんてないだろ
一人でどこに行くつもりなんだ??



スマホを取り出し、GPSを検索する。

もしもの事を考えて、
つくしの色んな物にGPSを仕込んでいた。

一定の速度で、東京から離れていっている。


電車か?


この方向だったら行き先は熱海あたりか?


車を手配し、熱海方面に向かう。

GPSを頼りに、つくしのいるであろう温泉街に到着した。




いつも応援ありがとうございます!


関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/04/10 00:10 編集返信
くるみぼたん
ふぁ○○○○○○○様
いつもありがとうございます♡

素直に気持ちを打ち明けないから…
つくしちゃんは出で行っちゃいましたね。

お互いこじらせてますから…
熱い夜になるのはもう少しかかりそうです。。

くるみぼたん

2019/04/10 21:17 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ