FC2ブログ

好きになって…。21《完》





月曜日の課の朝礼で司は婚約の報告をするって言ってた。
普通に報告したらあたしが周りからの反感をかいそうなんどけど…。



いつもの進捗報告が終わり、最後に司が

「私から、皆さんに報告があります。私、道明寺司は同じ課の牧野つくしさんと婚約して、近々入籍予定です。つくし、こっちに来て。」


司の報告で、みんなザワザワしている。
司の近くに行くと、グッと引き寄せられた。


「彼女は、もうすぐ妊娠6ヶ月だ。誤解しないように言っておく。俺が元婚約者と別れたのは彼女にアプローチをする前だ。まあ、形だけの婚約者だったがな。」


あたしが妊娠してるって聞いてみんなが驚いている。


「それから、彼女を手に入れるために妊娠させて結婚を迫ったのは俺だから。」



つ、司?



かなり事実と違うんだけど…。

心配そうに顔を見ると、大丈夫と言わんばかりに頭をポンポンと撫でられた。


「課長、それ狡いですよ。俺も牧野さん狙ってたのに…。」

「課長じゃあ、俺たち敵わないよなぁ。」

「課長の相手が牧野さんなら、文句言えないね〜。」

「うんうん、さすがお嫁さんしたい女子社員トップ3だわ。」

「牧野さん、課長にハメられちゃったのね。何か困った事があったら相談して。」



あれ、みんなの反応が思ってたのとは違う。



そこで朝礼は終わったんだけど、
あっという間に社内で噂は広まって、
知らない人にまでおめでとうと言われる始末。






一日、ふわふわした雰囲気の中仕事をしていると、
定時を過ぎたところで司がデスクに近づいてきた。


「つくし、そろそろ上がれるか?一緒に帰るぞ。」

「もう少しです。急いで片付けますっ。」


入力していたデーターを保存し、
パソコンを落として帰る準備をした。


「ほら、帰るぞ。」


デスクの上のあたしの鞄を持って腰に手を当ててエスコートしてくれる。


「課長、牧野さんお疲れさまでした〜。」

「いいなぁ〜。お似合いだよね。」

「課長のあんな微笑み見たことない〜!」


色んな声が聞こえてくる中、会社を後にした。







「ねぇ、司。あんな嘘付いちゃっていいの?」
「あながち間違ってないだろ。」

「でも……」
「いいんだって。それよりさ、今からこれ出しに行かないか?」


司が胸ポケットから取り出したのは婚姻届。


「………行く。」


あたしの答えにふっと笑って腰を抱き寄せられた。


「キャッ!」

「これからよろしくな、奥さん。」


耳元で囁かれ、一気に顔が真っ赤になった。
司の顔を見上げると、あたしの言葉を待っているかのよう。


「あたしのことを好きになってくれてありがとう。
旦那さん、こちらこそよろしくお願いします。」




さっと掠めるようなキスをされ、二人で区役所に向かった。








END




いつも応援ありがとうございます!

---------------
完結です!
後ほど『あとがき』をUPします。
関連記事

コメント

コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/06/09 10:55 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/06/09 12:13 編集返信
くるみぼたん
スリ○○○○○○様
事実とはちょっと違うけど、つくしちゃんがターゲットにならないように
司くんが上手く報告してくれました♡

秘書課のお姉さま以外の社員にはつくしちゃんは人気者だったんです。

ご指摘いただいた所は、ちょっとやりすぎたかな…
と反省中です。
自分の気持ちにも引っ張られたりするのですが
ちょうどいい具合が難しいですね(−_−;)

そうなんです!!
カテゴリーを整理してたら20作目でした(≧∀≦)
いつも応援していただいているお陰です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

次のお話は、悲しい雨の日の分岐なのですが…
題名の通りの展開なので、あまり御心配なく(*´∀`*)

くるみぼたん

2019/06/09 23:25 URL 編集返信
くるみぼたん
Ma○○様
コメントありがとうございます♡

私も、二次の読者だと同じぐらいかもです。
何を血迷ったのかお話を書き始めてしまいました(*'▽'*)

お話、全部読んでくださったんですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
めちゃくちゃ嬉しいお言葉もありがとうございます♡

次のお話も楽しんでもらえますように(*≧∀≦*)

くるみぼたん

2019/06/09 23:29 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ