FC2ブログ

ひと夏の恋 16

2019.08.24 09:00|ひと夏の恋《完》





朝、目が覚めるとやっぱり司の手足はあたしに絡みついていて
整った綺麗な顔が目の前にある。


「わっ、鼻高っ!肌もスベスベだし…。」


昨日、司があたしの前の彼氏のことを聞いて来てたけど…
あたしだって司にこんな風に朝を迎えた女(ひと)がいると思うと面白くない。。


「そんなヤツいねーぞ。」
「えっ??」
「ブツブツ独り言が口に出てるぞ。」


うっ!っと口を手で押さえても時すでに遅し…。


「俺と朝を迎えた女がどうとか言ってただろ?」
「あっ、うん。」

「だからそんなヤツいないんだって。
彼女なんか居たことねーんだからな。」
「嘘っ!!だって司はモテるでしょ?」

「モテるのは否定しねーけど、
ほとんどが見た目と地位に寄ってくるぞ女ばっかりだからな。
関係持ったって、性欲処理だけが目的だから
行為が終わったらシャワー浴びて帰るんだよ。」
「・・・」

「つくしは違うぞ。
一晩中抱いても飽きない自信あるし、
あんなに気持ちいいのは初めてだからな。」
「ちょっと…//」

「朝からなんて話してんだよ。
シャワー浴びて仕事に行くぞ。」


司がガバッと起き上がって、
何も身につけずに裸のままシャワーに向かおうとしている。

明るいところで見ると
めちゃくちゃ均整の取れた身体で
お尻もキュッとしまっている。

そんな身体をした司に抱かれたなんて…//
司がシャワーを浴びてる間に一人で悶絶していた。


司のエッチは凄く激しいんだけど、
あたしに触れる手も唇もすごく優しくて…
何度もイかされてしまった。


そんな事を思い出していると、
司がシャワーから上がってきた。

バスローブを羽織って、
濡れた髪を拭いている姿が色っぽい。


「つくしもシャワー浴びて来いよ。」
「あ、でも…家に帰って着替えなきゃ。」
「服準備してあるぞ。だからゆっくりして行けよ。」

「えっとー、いいのかなぁ。」
「つくしがちゃんと自立してるのも知ってけど、
これぐらい甘えてくれると俺も嬉しいぞ。
あと、ベッドでもな。」

「もうっ////でも、服ありがとう。
言葉に甘えて使わせてもらうね。」
「ああ。」

シャワー浴び終えると
脱衣所には化粧品も置いてあって
、遠慮なく使わせてもらってメイクをして
準備してくれてた服を着た。

ベージュのワンピーススーツ。

シンプルで可愛いけど、
記事の肌触りが良くて上質なものなんだろうな〜って思う。


リビングスペースに行くと、
司はスーツに着替えてコーヒーを飲んでいた。


「司、服とかありがとうね。」
「おっ、似合うな。コーヒー飲むか。」
「牛乳ある?カフェオレがいいな。」


司は冷蔵庫から牛乳を取り出して
レンジで温めてからコーヒーを注いであたしに出してくれた。


「ほら、この辺のもの適当に食って行けよ。」
「ありがと。」


テーブルの上には美味しそうなクロワッサンにヨーグルト、
そしてフルーツなどが置いてあった。

朝ごはんを食べないと力が出ないあたしは
遠慮なくカフェオレと一緒にいただいた。


いいって言うのに、無理やりリムジンに乗せられて会社に向かった。

仕事がやり難くなるから、
あたし達が付き合っている事は内緒にしてて…とお願いした。



司の研修期間は残すところ2週間。
問題無く終われるといいな。









司とは仕事では今まで通りなんだけど…
プライベートでは想像出来ないぐらい甘い。


平日でも、あたしの部屋に泊まりに来て
常にあたしから離れようとせず、
ベッドでは甘く甘く溶かされてしまう。


司が研修に来てから、
実は毎日のように他部署の女子社員が食事の誘いに来ているんだ。

給湯室で、総務部や受付の子達が
『玉の輿に乗るチャンス』だとか騒いでいたから
実行してるんだろう。

あたしとしては、司が普通の人だったら
あんなに悩まなくても良かったのにな…って思うんだけどな。

司は今まで、
『仕事があるから』とか『用事があるから』
なんて言って断ってたのに…
今日は『彼女とデートだから』と断っていた。


皆さんは残念そうにしながらも、
彼女について聞き出そうと必死だった。

あんまり変な事喋らないよ…と心配していたけど、
司は適当にやり過ごしてくれたみたい。

よかった…と思っていたのに、
ランチを食べに食堂に行ったら
総務部のお姉さま方に捕まってしまった。


「ねぇ、牧野さん。道明寺さんの彼女について聞いたことある?」
「いえ、プライベートの事は話さないので。」
「すごく可愛い子だって言ってたのよね。
道明寺さんが、惚れて猛アタックして付き合うことになったって。
羨ましいよね〜。」


皆さん、キャーキャー言いながらも目がハートになっている。


「そ、そうなんですか。」


可愛いって…あたしには当てはまらないでしょ。






**

「ねぇ、司。みんなに変なこと言わないでよね。」
「何がだよ。」

会社帰りにあたしの部屋に寄った司に部屋に入るなり襲われて、
お互い裸のままあたしの小さなベッドに横たわっている。


「彼女のこと聞かれて、可愛いって言ったでしょ。」


あたしを寝ている司の上に引き寄せ、
笑いながら髪を撫でている。


「つくしは可愛いだろ。」
「どこが。」


髪を撫でていた手をそのままツーっと背中を這わせ出した。


「あっ…んんっ…!ダメだってばぁ。」
「普段も可愛いけどよ。
ヤってる時のつくし、すげー可愛いぞ。」


結局、そのまま司に翻弄されてしまった。





いつも応援ありがとうございます!


関連記事

コメント

非公開コメント

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
文才もなく、のんびりペースですがよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

バナー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム