FC2ブログ

ひと夏の恋 20






ババァがすげー楽しそうに話をしている。


俺はこんな姿見たことねーぞ。


しかも、困ったら頼れだと?
俺なんか突き離されっぱなしだぞ。
まぁ、べったりと構われても困るんだけどな。


「つくしさんと司は仲よさそうに見えるけど
どうった関係なのかしら?」

「えっと、司…さんが美波商事に来られてて
研修の担当をさせて頂いてます。」

「それだけかしら?」
「えっとぉ……」
「付き合ってんだよ。」


横から口を挟むと、びっくりしたような顔をして俺を見てきた。


「そうなの…。」
「えーと、楓さんの息子さんとは知らなくって…そのぉ…。」
「おい、笑いを堪えながらつくしを虐めるのヤメろよ。」
「だってつくしさんが可愛くってつい…。」


今の状況が理解できてないつくしに説明してやった。


「お袋は初めっから俺たちの関係に気づいてたんだよ。
それなのに、態と知らないふりしてつくしを揶揄ってたんだ。」
「うそぉ〜!!そうだったの??」
「ふふふっ。つくしさん、ごめんなさいね。
あなたが司を選んでくれて嬉しかったのよ。」
「あたしなんが、司と付き合ってでも大丈夫なんでしょうか?」
「どうしてダメなのかしら?」
「普通の家庭に育って、家柄とかお金とか何にも持ってないから。」
「つくしさんなら全く問題ないわ。結婚だって大歓迎よ。」
「えっ、結婚??」
「あら、司とは結婚出来ないって言うの?」
「そうじゃなくって、まだ付き合い始めたばっかりですし…
現実的じゃなくて。」


ちょっと先走り過ぎだろ!


つくしもびっくりしてるぞ。


「だったら、一緒に暮らしてみてはどう?」
「一緒に?」


ババァの中で俺とつくしの結婚は決定事項だ。
その為につくしを囲い込むつもりだな。


「いいんじゃねーの。
俺も明日で研修終わるし
道明寺に戻ったら俺も忙しくなるから
中々会えなくなるかもな。」
「えっ、そうなの…。」
「だからさ、うちに来いよ。」

「つくしさん、あんまり深く考えなくてもいいのよ。
お試しで、しばらく一緒に暮らしてみて
どうしても無理だったらやめてもいいんだから。」
「はい……。」
「じゃあ決まりね。司の所は生活用品は一通り揃ってるのよね?」
「ああ。足りなければ買えばいいだろ。」
「つくしさん、あなたの好きにしてもらっていいからね。」
「はぁ……。」


つくしと一緒に暮らせるのは嬉しい。
だけど、かなり強引に進めている感がある。


本当に大丈夫か?



ババァと別れてつくしのマンションに一緒に帰り
部屋に入るならつくしを抱きしめた。


「司?」
「俺と一緒に暮らすの嫌じゃねーか?」
「嫌じゃないよ。あたしだって会えなくなるのは嫌だし…。」
「お袋がかなり強引に進めたからさ。」


ふふふっとつくしは笑っている。


「親子だよね。追い詰め方が一緒だよ。」
「俺とお袋は似てねーぞ。」
「そうかなぁ〜。あたしは似てると思うけど。
周りから囲っていって、NOって言わせない感じ。」
「・・・」


でもさぁ〜、楓さんから同棲進めてくるなんてね…
と俺に体重を預けてきた。


「そのままベッド行くか、それともシャワー浴びに行くか?」
「シャワー浴びたいな。」


毎日抱いて抱いても足りないと思えるほど
俺はつくしに溺れてしまっている。




明日で俺の研修も終わる。

つくしの仕事環境もどうにかしてやりたいと思うが
つくしがどう考えてるのか聞いてやらないとな。




いつも応援ありがとうございます!


関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ