FC2ブログ

ひと夏の恋 〜番外編〜






「つくし〜、随分大きくなったね。」
「うん。8ヶ月なんだけど双子ちゃんだから…。」

「でも、つくしがこんなに早くママになるとは思ってなかったな。」
「自分でもそう思う。」


あの時、優紀とセブ島に行かなかったら
司と出会う事もなかったんだよね。

司と出会って、一年足らずで結婚。

結婚式が終わって、ピルを飲むのをやめて
一年経った頃にあたしの妊娠が判った。

司だけでなく楓さん達もうちのママ達も
嬉しい知らせに大喜びしてくれたんだ。

少し早いんだけど、8ヶ月に入って産休に入らせてもらった。

時間が出来たので、久しぶりに優紀とランチの約束。


「で、優紀はどうなの?」


優紀だって、西門さんと出会ってもうすぐ3年。
そろそろいい話が聞ける頃だよね?


「うん。まだ内緒なんだけど、春に結婚する事になったの。」
「おめでとう〜!!」


初めの頃から、西門さんのご実家には歓迎されていたみたいだから
心配してなかったんだけど、ちゃんと日取りが決まったみたいで安心した。


この3年、優紀は茶道の師範の免許を取るべく頑張っていたり
1年前に呉服屋さんの仕事を辞めてお給料は出るらしいんだけど
西門さんのご実家を手伝っているらしい。

親戚だけじゃなくて、全国各地にいる重鎮といわれる人達にも許可を得ないとダメなんだって。


「でも、格式張ったお家だから大変じゃない?」
「ん〜、覚える事は沢山あるんだけど、案外楽しいんだ。」

「そっか、西門さんに出会うまでもずっと頑張ってたもんね。」
「つくしは?大変じゃないの?」

「あたし?うーん…戸惑う事も沢山あるんだけど、
司も楓さんも無理しなくていいって言ってくれるから。」


あたしは、司にも楓さんにもかなり守ってもらっていると思う。

パーティーに出ても、司が完璧にエスコートしてくれるから
自分が出来てる気分になっちゃったりする。


「そんな事言っちゃって…。
つくしは秘書として優秀で、
道明寺さんの仕事が順調になのはつくしのお陰だって
道明寺さんのお母さんが自慢してるって言ってたよ。」

「そんな事ないない。」

「それマジだぜ。うちのお袋が言ってたから。」


「総二郎さん…。」
「こんにちは、西門さん。」


凄い色気をダダ漏れにしながら、西門さんが優紀の隣に座った。


司の友達はみんなかなりのイケメン。
司は自分が心を許さない人には冷たかったりするから、
みんな遠巻きに見てる感じ。

花沢さんは、王子様タイプ?だけど
誰にでも愛想がいわけじゃなくてネコみたいな感じ。

美作さんは、学生の頃はマダムキラーと言われてたらしいけど
細かく気配りのきく人。

そして、西門さんは、学生の頃からかなりモテていて遊び人…だったらしい。
色気が溢れ出てて、そりゃ女の人達が放っておかないよね…って感じ。

今は、優紀一筋…なんだよね?


「当たり前だろ!」
「ふえっ?」
「ぶつぶつ言ってたのまる聞こえだったぞ。」
「嘘っ?ご、ごめんなさい。」
「相変わらず面白いな。」


時々、司と一緒の時に会うことがあるんだけど
なぜかいつも揶揄われるんだよね。


「そういや、もうすぐだよな。」


あたしのお腹を指差しながら言った。


「まだ2ヶ月くらいありますよ。」
「双子だからか?今にも産まれそうだな。」
「そう見えます?」


Rurururu……♪
話の途中で、携帯が鳴りだした。


「どうせ司だろ?出ていいぞ。」
「すみません。」



「もしもし〜」
『まだダチといるのか?』
「あ、うん。西門さんも来てるよ。」
『俺も仕事終わったから、今から合流するわ。』
「お疲れ様。待ってるね。」


待ってるねと言ったものの
西田さんに無理を言って仕事終わらせたりしてないよね?


「司来るって?」
「あっ、はい。」
「ふっ、過保護だな。」
「それを言うなら西門さんもでしよ?」
「まぁ、そうか。」


20分ほどして司が店に入ってきた。

店の中にいる人みんなが司を見てるんじゃないの…って感じなんだけど、司は全然気にしていない。

あたしの隣に座って、「大丈夫か?」とそっとお腹を撫でた。


「高校生の頃は、いつか犯罪者になるんじゃねーのってほど荒れてて、誰かの親になるなんて絶対にあり得ないって思ってた司が一番とはな…。」

「うるせーな!お前んとこは?」

「俺としては直ぐにでも…って思うけど、流石に結婚してからだな。」
「決まったのか?」

「ああ、春にな。年明けに発表だからまだオフレコだけどな。」
「おうっ。おめでとう。」
「ありがとう。」


優紀も西門さんもとっても幸せそう。




「ご機嫌だな。」
優紀達と別れてマンションまでの道中の車の中、
あたしは無意識に鼻歌まで歌っていたらしく…


「だって、優紀の結婚が決まって嬉しいんだもん。
司もそう思わない?」
「俺がか?そうでもねーな。」
「わっ、酷い!!友達が結婚するっていうのに…。」


プリプリと怒っていると、司はなんとも言えない顔をして笑っていて…


「ほら、怒ってると胎教に悪いぞ。」


そう言ってお腹を撫でて「おっ動いてるぞ」なんて喜んでるから
怒ってるのはすぐに忘れちゃって
お腹中にいる二人の元気さにいつの間にかあたしも笑顔になった。



幸せな報告も聞けたし
あと2ヶ月双子ちゃんが産まれて来るまで
司と二人の時間を楽しもうと思った。







いつも応援ありがとうございます!

--------------
沢山の方が総優二人がどうなったのか気になる…とコメント頂いたので、つくしちゃんからみた二人です。


関連記事

コメント

コメント(2)
ありがとうございます😊
総ちゃんと優紀ちゃんのその後も幸せそうで良かったです!
これで、スッキリ?(^^)しました。

やはり皆んながハッピーなのが、一番ですね!

ありがとうございます😊

Fumee

2019/09/16 URL 編集返信

くるみぼたん
Fumee様
コメントありがとうございます!

どのカップルでも
やっぱりハッピーエンドが一番ですよね?

くるみぼたん

2019/09/17 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。