FC2ブログ

あたし副社長と結婚します! 24






片付けやこれからの話なんかをしていたらもう夕方で、司の両親と食事に行く時間が迫っている。


あたしの服は司がチョイスしてくれワンピースにジャケットのセットアップ。

今日もあたしはお嬢様みたい。


7センチのヒールを合わせてくれたんだけど、ヒールなんて履き慣れないからヨタヨタしたあたしを笑いながらもスマートにエスコートしてくれた。


司の両親との食事会は、昨日の雰囲気とは違って温かいものだった。


「婚姻届は無事に出せたのかい。」
「はい。」

「おめでとう、司、つくしさん。」
「「ありがとうございます。」」


「司、プレスリリースはどうするつもりだ?」
「つくしは一般人だから、ファックスで済ませるつもりだ。」
「ああ、いいんじゃないか。結婚式はしないのか?」

 

結婚式かぁ…。
パパとバージンロード歩きたかったな。
今となっては叶わない夢だけど。。



「プロジェクトが始動するから、しばらくは時間ねーんだよな。つくし、クリスマスに式挙げるか?」
「え?いいの?」

「当たり前だろ。ウエディングドレスのデザインもしてやるからな。」
「ありがとう。」

「おやじ、披露宴はナシでいいだろ?」
「構わないぞ。どのみち、来年には道明寺HDの創立パーティーもあるからな。」


そろそ食事を始めましょうとお義母さんが言って、皆んなが席に着いた。


食事が始まり、お義父さんが会社の話を聞かせてくれたり、お義母さんが司の子供の頃の話を聞かせてくれた。

司は中学の頃は荒れていたらしいんだけど、高校3年生でNYに行ってからは、寝る間も惜しんで勉強と仕事に打ち込んで、沢山の成果をあげて25歳で副社長に就任して日本支社始めアジア地域を任されるようになった。


社長の息子とはいえ、25歳で世界的な企業の道明寺HDの副社長に就任したのは異例の事だって、当時ニュースで言ってたな。


それなりに、女性とも付き合ってたみたいだけど、どの人とも真剣じゃなくて直ぐに別れる事が多かったけど、あたしと一緒にいる写真を見て、司の雰囲気が今までと違うことに気づき見守っていたらしい。


「かなり我儘な息子だけど、つくしさん司のことよろしくね。」
「はい、お義父さん。」

「うーん…お義父さんより、要って名前で呼んでくれると嬉しいな。」
「はい。」

「じゃあ、私の事もお義母さんじゃなくて、楓と呼んでね。」
「…はい。」


そう言われても、お二人は勤めている会社の社長と会長で…なかなか名前で呼べないでいると、


「孫にはお婆ちゃんなんて呼ばせたくないんだから、あなたも名前で呼ぶように。」


なんて言われてしまった。


「勝手に日本に来てつくしの事連れまわすなよな。」
「さぁ、どうかしらね?」


楓さんは、司が怒るのをわかってて言ってる気がする…。
なんだかんだ言いながらも、司の家族は仲がいいんだと思った。


食事を終えて、お茶を飲んでいる時に、楓さんから道明寺家の嫁として今後必要になるからマナーや教養のレッスンを受けなさいといわれた。

あたしの仕事に合わせて週に1〜2回レッスンを受けることになった。





「本当にレッスン受けるのか?無理しなくていいんだぞ。」


食事会からの帰りの車の中で司が心配そうにしていた。


「うん。だって、司はなんでもスマートなんだもん。あたしだって、司に釣り合うようになりたいです。」
「わかった。辛くなったらちゃんと俺に言えよ。」
「はい。」


司と結婚を決めてまだ二日しか経っていないけど、ずっと司と一緒に居たいって気持ちは誰にも負けない。



明日は仕事だし早く寝ようと思っていたのに、同じベッドに入ったらそういう訳にもいかず…司に甘く溶かされて眠りについた。







翌朝、会社に出勤すると、田辺先輩に声をかけられた。


「牧野さん、金曜日大丈夫だった〜?」
「少し気持ちが悪くなっただけなので、大丈夫です。」


間違っても、監禁されそうになってたなんて言えない。  


「そう、よかったわ。話も上手で見た目も悪くなかったんだけど…残念ながらハズレだったわね。」
「……そうですか。」


ハズレなのか当たりなのかの先輩の基準はわからないけど…。




田辺先輩が席に戻った頃に道明寺HDの社員が驚くような2つのニュースが流れた。




いつも応援ありがとうございます♪

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ