FC2ブログ

Bitter sweet 23






はやる気持ちを抑えつくしをそっとベッドの真ん中に座らせ、俺も向かい側に座った。


「つくし好きだよ。」
「私も、好き…大好き。」

彼女を抱き寄せチュッチュッと唇を合わせる。


緊張でガチガチのつくし…


「無理しなくていいぞ。」
「大丈夫。緊張はしてるけどヤじゃないの。」
「緊張なら俺も…」


つくしの手を引き俺の胸に当てた。


「わっ!バクバク言ってる…。」
「一緒だろ。」
「…ん。」
「優しくする。」
「うん。」


キスをしながらつくしをベッドに寝かせ、彼女にまたがって唇には額に頬にキスを落としていった。


「くすぐったいよ。」


沢山キスをしながら、昂る気持ちを抑えゆっくりとゆっくりと彼女を解かしていった。


キスをしながら上着のボタンを一つずつ外していった。少しずつつくしの白い肌が見えてきてゴクリと唾を飲み込んだ。
上を脱がせ、ブラジャーを取るとつくしは自分の手で胸を隠した。


「つくし、全部見せて。」
「だって…小さいよ?」
「大きさなんて関係ないぞ。つくしの全部が見たい。」


おずおずと緩めた手をシーツに縫い付け小ぶりな胸にキスをした。


「可愛い、すげー可愛い。」


真っ白な肌に唇を這わせ俺の印を残し、胸にかぶりついた。


「んっ…ダメ…。」
「イヤか?」
「恥ずかしい……。」


潤んだ目をしているつくしにチュッとキスをした。


「大丈夫、俺に身を任せて。」


ん…と頷いたのを見て、再び胸を口に含んだ。反対の胸を手でやわやわともみながら舌で蕾をコロコロと転がすと…


「あんっ…!」


身体がピクリと小さくはね、可愛い声が漏れ出た。


俺は夢中になって、左右の胸にかぶりついたり揉んだり蕾を舌で転がしたりしていると、つくしが、モジモジと太腿擦り合わせていた。

ショートパンツを脱がせ、ショーツも取り去った。



すげぇ…
華奢だけどすげー柔らかくて…
めちゃくちゃ綺麗だ。



「あたしばっかり恥ずかしい。つかさも脱いで…。」


スウェットの上下を脱ぎ捨て、再びつくしに覆い被さった。
キスをしながら、下生えの向こうに指を這わせると、すでにしっとりと濡れていた。


「なんだ、つくしの身体も準備出来てるな。」
「えっ?」
「俺を受け入れる準備。ほら濡れてる。」
「……/////」


無理にするつもりはない。
けど、彼女の身体が俺を受け入れる準備が出来ててすげー嬉しかった。


花芯の入り口を指でクルクルと撫でていると、少しずつ潤いが増してきたので指を一本挿れた。


「あっ…」
「痛くないか?」
「だいじょう…ぶ。」


大丈夫って言ってるけどすげー狭いな。
俺のが挿っても大丈夫なんかと思うほど。


ゆっくりと指を動かしていると、少しずつ柔らかくなってきたので二本に増やした。


「んんっ!」
「平気か?」
「んっ……あんっ…」


指を動かし続けていると、クチュ、クチュと音がしてきて愛液が溢れてきた。


ヤベッ、俺がそろそろ限界。


「つくし、痛いかもしれないけど挿れてい?」
「……いいよ。」


ボクサーブリーフを脱ぎ、ゴムを装着して彼女の足を広げ、俺自身をつくしの花芯の入口にあて、グッと押し込んだ。


「いっ……たいっ!!」


目にいっぱい涙を浮かべている彼女。


「やめるか?」
「やめないで、続けて。」
「わかった。少し力抜いて。」
「むっ、むりっ!!」



……だよな。

チュッ、チュッと顔中にキスをしていくと、「ふふっ、くすぐったい…」
と笑って身体の力が抜けたタイミングで、グッと最後まで押し込んだ。


「ああああんっ!!」
「ごめん、痛いよな。でも全部挿ったぞ。」
「ホント?」
「ああ。」


つくしの中はすげー狭いけど、すぐにでもイきそうなほどで、めちゃくちゃ気持ちイイ。


「うっ、動いていいよ。」


目尻の涙を唇ですくい取り、ゆっくりと腰を動かしていると愛液が増してきてクチュリ、クチュリと音が聞こえてくるようになった。


「あっ……あんっ…」


感じてる可愛い声も時々漏れ出てきて、俺ももうイきそうだ。


「つくし、ごめん…。」



スピードを上げて腰を彼女に打ちつけ、限界まで達した俺は彼女の中に精を放った。


「ありがとな。」


ハァハァと肩で息をしているつくしにキスをしてから俺自身を引き抜き事後処理をした。


つくしの元に戻った時には、疲れたのかウトウトし始めていて、彼女の頭の下に手を滑り込ませギュッと抱きしめた。


「待っててくれて、ありがとう。司、大好きだよ。」
「俺も、大好きだぞ。」


俺の言葉にニコリと笑って、すーっと眠りについた。






俺の腕枕で気持ちよさそうに眠っているつくし。


無理させたよな。
出来るだけ痛くないように時間をかけたが、俺が入った時には、目にいっぱい涙を浮かべていた。
それでもやめないでと俺を受け入れてくれた彼女…愛しさが増すばかりだ。


「最高の誕生日だよ。ありがとな。」


そっと髪を撫でると、モゾモゾと動いて俺に身を寄せてきた。
俺もつくしを抱きしめて幸せな眠りについた。










**


「ん……」


目を開けると、えーっとこれは裸の…


「起きたか?」


頭の上から司の声がして、見上げるとキスをされた。
…って事は、司は裸って事?


「キャッ!」


慌てて起き上がると、彼がニンマリしながらあたしを見ている。


「いい眺め。」


えっ、何??
自分を見ると、あたしも全裸で…


「見ないでっ!!」


慌ててシーツを引っ張って胸を隠した。


「身体は平気か?」


どこも痛くないけど、私の中にまだ何かが入ってるような違和感……。


「だっ、大丈夫/////」


真っ赤な顔を隠すようにシーツをたくし上げた。


「つくし、ありがとな。今までで一番幸せな誕生日だった。」
「うっ、うん。」


恥ずかしすぎて司の顔が見れない。。


「シャワー浴びてこいよ。メシにしようぜ。」
「うん。」


シーツを身体に巻きつけて、ヨタヨタしながらバスルームに入って行くのを司が笑いながら見ていた。





いつも応援ありがとうございます♪


--------------
ようやく二人のハジメテです(//∇//)

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ