FC2ブログ

明日が来ること… 3






病室にじっとしているなんて性に合わねぇ。
SPを外させ屋上に出てみることにした。


俺の失った記憶って何だ?
大事なものなのか?


それに、あの女。
見ているとすげーイライラする。


ベンチに座って色んな事を考えていると、
「こんにちは」と見たこともねー女が声をかけてきた。 


「司くんだよね?私は海風(うみか)」
「なんで俺のこと知ってんだよ。」
「だって、有名人だもん。」
「うっせーから向こう行けよ。」
「え、いいじゃん。ここにいても。」


ケラケラと笑いながら俺の隣に座った。


チッ!


部屋に戻ろうとしてベンチから立ち上がった時に、よろめいて女が支えてくれたが…
俺の手は女の胸をわしづかみにする形になった。


「キャッ!!」
「悪りぃ。」

「いいよ、許してあげる。そのかわり、またお見舞いに部屋まで行ってもいい?」
「はぁ?」

「じゃ、これ物質(ものじち)ね。」


俺の左手の薬指からスルリと指輪を抜いて、また返しに行くから〜と去っていった。






**

「なんでまた忘れるかなぁ〜。」


明日が来れば、記憶は戻ってるかもしれない…そんな期待を持ちながらも、眠っている道明寺をベッドサイドで見つめていた。手に触れるといつもと変わらない道明寺の温もりで、寝顔だって変わらないのに…。


日本支社長だってことも、F3だって覚えているのに、なんであたしだけいつも忘れるの?


ギュッと手を握ってみると、違和感を感じて、よく見てみるといつもはめていたペアリングがない。


なんで??
もう不要って事?


ここ数日で、何度も溢れそうになってくる涙を堪えながら病室を出た。


「あれぇ〜、あなたも司くんのお見舞いだったの?」


あたしに声を掛けてきた女の子の胸元には、チェーンに通された道明寺の指輪。


「私、海風って言うんだ。あなたは?」
「牧野つくし。ねぇ、その指輪どうしたの?」
「あ、これ?司くんが要らないって言うから貰ったんだ。」
「そ、そうなんだ…。」


海風って子は、そのまま道明寺の病室に入っていった。







**

すげー心地いい声がして、温かいものが俺の手に触れた。
もう少しこのままがいいと思ったのに、すっと温もりが離れていった。
温もりが無くなり、一気に心が寒くなった気がして目が覚めた。


「あ、司くん起きた。」
「ずっとこの部屋にいたのか?」
「んー、まあね。」

「病室の前に誰もいなかったのか?」
「いなかったよ。つくしちゃんって女の子とすれ違ったけど…。」

「さっき俺の手を握ってたか?」
「うっ、うん。」


もしかして俺が求めているのってこいつなのか?


「ねぇ、司くん。海風これとおんなじ時計欲しいな。もし買ってくれるなら、海風なんでもしてあげちゃうんだけどなぁ。」


ベッドサイドに腰をかけ俺に胸を擦り寄せてきて、上目遣いで俺を見てくる。


女が触れている所からは何も感じねぇ。


俺からもう一度触ってみたらわかるのか?

俺から触れてみようと手を動かしかけた時に、ガラッと病室のドアが開いた。


「司〜、調子はどうだ…。」
「誰だお前?」


総二郎やあきら、類までいる。


「あんた誰?」
「私は、海風。司くんの友達だよ。」





「なあ〜。」
「…だな。」


怪我をしてから何度目かの呆れた顔をした総二郎とあきら。
類からは怒りのオーラが漂っている。


「司くん、みんなを紹介してくれる?」
「俺たち、君に自己紹介なんてする気は無いから。」


「酷いっ!!司くん、酷いよぉ〜。」
「なぁ、もう帰ろうぜ。」
「だな。類も行こうぜ。」

「ちょっと待って。これ一体どうしたの?」


類が指差してるのは女の胸元にぶら下がっている指輪。
ああ、この前取られたヤツか。


「えっ、司くんが要らないって言うから貰ったんだよね。」
「司、それ本当?」
「あっ、イヤ……」


女の胸を触っちまってまごついた事なんて話せねーから即答出来ないでいると…


「要らないんだったら、俺から持ち主に返しておくから。……それから、司とはもう友達じゃ無いから。」


女から指輪をブチッと引きちぎり、類はくるりと背を向けて帰って行った。


「痛いっ!ねぇ、酷いよ〜司くん。」
「ねぇ、君。さっきの指輪誰かに見せたの?」
「あっ、さっき病室の前でつくしちゃんって子に…」


女がそこまで答えたら、総二郎とあきらは一気に不機嫌になり、


「司くん、その子手元に置くんだったら俺お前とダチやめるわ。」
「俺も。」


そう言い残して病室を出て行った。




何だあいつら?



「ねぇ、司く〜ん。」
「疲れたからおまえも帰ってくれよ。」
「……わかった。また来るね。」





一体どう言う事なんだ??
あの指輪は、女避けにしてただけだろ?



類もあきらや総二郎までダチをやめるって??





クソッ!!
何がなんだかわかんねー。





指輪がハマっていた左手の薬指を見るも、何も思い出せないし、感じねぇ。






いつも応援ありがとうございます♪

関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2020/02/26 18:25 編集返信
くるみぼたん
スリー〇〇〇〇〇様
ゴメンナサイ(>人<;)
記憶喪失苦手でしたよね。。

海風の名前は、敢えて寄せました。
性格も行動も似てる…んですけど、親戚では無いです。
なるべく早く退散してもらうつもりですので…(−_−;)

くるみぼたん

2020/02/26 20:47 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ