FC2ブログ

Doubt 5

司が呼んで、出てきた人は…あっ、あのマンションの人だ。


「いや〜ん、この子が司の奥さんなの?可愛くて食べちゃいたいわ。」


いきなり抱きついてくる。


「おいっ、つくしに抱きつくな!離れろ!!」

「なんで〜、可愛い子大好きなのに。つくしちゃん、私シフォンよ。よろしくね。」



えっ、この人って…。



「男だよ。」

「いや〜ん、司。男って言わないでぇ〜。」

「シフォン、サンキューな。もう帰っていいぞ。」

「つくしちゃん、今日のディナーは司が作ったのよ。このケーキもね。司、あなたに喜んでもらえるように、いっぱい練習してたのよ。愛されてるわね、つくしちゃん。」


パチンとウィンクをしてシフォンさんは帰っていった。


「・・・・・」

「まっ、そう言う事だ。」

「うわ〜ん、つかさぁ〜〜〜ごめんねぇ〜〜。」


一気に涙が溢れてくる。


「誤解させてごめんな。」


シェフの格好をした司がぎゅーっと抱きしめてくれる。
久しぶりの司の体温と香り…安心する。


「なぁ、つくし。ケーキ食べてくれるか。」

「うん…。」

司が切り分けてくれたケーキを一口食べる。


「美味しい!ホントに司が作ったの?」

「ああ、相当苦労したけどな。いつも、お前が料理作ってくれるから、誕生日ぐらい俺が作ってやりたくてな。」

「ありがとう、司。どのお料理もケーキも美味しかったよ。」

「当たり前だろ。お前の好みは俺が1番知ってるんだよ!」


「司、愛してる。」


隣に座っている司にチュッとキスをする。
そのまま、ガシッと抱きしめられ、どんどんキスが深くなってくる。
そのまま、抱き抱えられ、東の角部屋まで運ばれる。


「司、抱いてくれる?」

「言われなくても、抱いてやるよ。でも一回だけな。」

「なんで?」

「抱いてから教えてやるよ。」



いつも応援ありがとうございます!

↓以下には性的表現が含まれています。18歳以下の方、苦手な方は開かずにスルーして下さい。

ベッドに降ろされ、司から優しいキスが沢山降ってくる。


あっという間に、ワンピースと下着を脱がされ、生まれたままの姿になる。
司も着ていた、シェフの服と下着を脱ぎ捨て私に覆い被さってくる。



「つくし、愛してる。もう離れるなよ。」


「司、愛してる。疑ってごめんね…。」


キスが深くなっていき、お互いの唾液を交換するかのように舌を絡める。



「んっ・・・」



キスをしてるだけで、司が欲しくなる。

右胸を揉まれ、ツーっと首筋に舌を這わされたと思ったら、左胸をカプッと囓られ、舌を蕾に絡められると、



「ああんっ・・・。」



背中が反り返ってしまう。


「おまえ、感じ過ぎだろ?」


胸を舌で刺激しながら、右手がすっとお腹を通り越して、私の秘部へ。


「つくし、ぐちょぐちょだぜ。そんなに俺が欲しいのか?」


「欲しいっ。来て。」


「今日はまだ入れねーよ。1回だけって言っただろ。」


指を中に入れられ、さらに蜜が溢れてくるのが自分でもわかる。


「ああっ・・・つか・さっ・・」


かき混ぜるように指をぐるっと回されると、一気に頭の中が真っ白になった。



「イったか。」



身体に力が入らず、くたっとしていると、


「つくし、挿れるぞ。」


司は、避妊具をつけようとしている。



「やだっ、つけないで!」



司は、はあ〜っとため息をつきながらも、避妊具をつけずに挿ってきた。


「あああん・・おっきい・・」


「こら、煽るな。」



司は、いつもよりゆっくりと腰を動かし、体位を変えながら優しく気遣うように愛してくれる。
何故だか涙が溢れてくる。


「つくし、どうした?辛いのか?」



「つかさっ、あいしてる。」


「俺も、おまえだけだ。一緒にイくぞっ。」


司はスピードを上げ、私も一気に登りつめていく。



「あああっっ・・イくっ・・んんんんっ」



「オレも、イくっ・・」



司は、ギリギリで私の中から司自身を引き出し、私のお腹に精を放った。


私が意識を飛ばしてる間に、司がタオルで身体を綺麗に拭いてくれたらしい。


---------------
こんなオチでごめんなさい。
司くんは浮気しませんよ!
つくしちゃん一筋です♡
関連記事

コメント

コメント(8)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/06/23 09:33 編集返信
くるみぼたん
No title
悠○様
誤字…ありがとうごさいます。
早速、訂正しておきました。
このつくしちゃんは、“私”なので、漢字にしておきました(^o^)/
いつでも可愛いつくしちゃんに司くんは翻弄されてるんでしょうね。

くるみぼたん

2018/06/23 09:44 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/06/23 10:23 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2018/06/23 11:32 編集返信
⁉️
どうして今日は1回だけなの?

みぃ

2018/06/23 14:33 URL 編集返信
くるみぼたん
ありがとうごさいます!
スリ○○○○様
萌えました〜?よかったです(*^▽^*)
このお話の出発点はこの“サプライズで料理をする司くん
”だったんですよ^ ^
なぜかお話の持っていく方向を間違ったのか…胸の痛い始まりになってしまいました(⌒-⌒; )

女装してる男性…やっぱり予想してましたか。。
例え、料理教室の先生とはいえ、女の人と2人っきりには出来ませんでした。
1回だけ…の謎は明日に♡
もうなんとも言えません…名探偵とお呼びしておきます!
本編は明日がラストです。

悠○様
コメのお話、ありがとうごさいます!
ゆっくり、メッセージが出来なくてごめんなさい。
明日にでも、時間作って送りますねっ(≧∀≦)

みぃ様
コメントありがとうごさいます!
1回だけ…の謎は明日わかりますよ^ - ^

くるみぼたん

2018/06/23 22:07 URL 編集返信
なんで
なんで一回なの?

じんじん

2018/06/24 00:00 URL 編集返信
くるみぼたん
ありがとうごさいます②
じんじん様
コメントありがとうごさいます!
司くんが次の話で明かしてくれましたよ^ - ^

くるみぼたん

2018/06/24 20:45 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ