FC2ブログ

お嬢様修行中! 21







「俺はつくしの事が好きだ。」



ここ数日あんまり眠れなかったから、ソファーで本を読みながら寝ちゃってたみたい。

目を開けたら司がいて…
びっくりしたなんてものじゃなかった。


そして、話があると言われて、司が真剣な表情をしながら言ったのが冒頭の言葉。





あたしのことが好きって言った?
嘘?
前みたいに冗談だって言うんだよね?

ああ、そうかあたしの持っているこの本が好きなんだ。


「この本面白いよね。あたしも、続きが気になって一気読みしちゃった。」
「何で本の話になるんだよ。」

「だって好きって、本のことでしょ?」
「ちげーよっ!」


司が一気に不機嫌になった。
だって、司があたしのことを好きな訳ないでしょ?
勘違いしちゃ駄目なんだって。


この前の失恋の傷も癒えてないのに、こんな風に被せてこなくもいいのに。。





突然、司に両肩をガシッと掴まれて、怖いぐらい真剣な顔であたしを見ている。


「つくし、よく聞けよ。俺はつくしの事が好きだ。」
 

「司が

あたしのことを

・・・・・好き??」


「ああ、そうだ。」
「嘘っ!!」

「嘘じゃねぇ。マジだ!!」
「何で?付き合ってるフリだって…。」

「初めはそのつもりだったんだよ。」


司は、あたしとのお見合いの時は、軽い気持ちで付き合うフリをしようって言い出したらしい。
女嫌いなのに、あたしと話したり、一緒の空間ている事は嫌…って言うよりむしろ楽しくて、この前に司の部屋でキスをした時にあたしの事を好きだって気持ちに気付いたらしい。


失恋じゃなかったんだ……。


ボソッと呟いた言葉に司が反応して詰め寄ってきた。


「どう言うことだよ?」
「ちょ、ちょっと近いから…。少し離れてくれる?」


そんなに近くにいたら話せないでしょ。
それに、近いとドキドキしてるのを聞かれちゃうかもしれないから…ね。


司は渋々だけど、少し距離を取ってくれた。




「あのね…」


司とは、ずっと友達みたいな関係だと思っていたこと。
でも、少しずつ司の事を知っていくうちに好きになっちゃってたみたいで、この前に一緒に眠っちゃった時に付き合おうって言われて困っていたら、すぐに『冗談だ』って言われて、あたしの事をは好きじゃないんだと思ったら寂しくなって、初めて自分の気持ちに気付いたことを伝えた。





「司が好き…。」 

「マジ?」

「……うん。」



「マジで?」

「うんって。」


司は何度も確認して、とびっきり嬉しそうな笑顔をしてから、


「つくし、好きだ。俺と付き合って。」


ともう一度言ってくれた。


「はい。よろしくお願いします。」


あたしが答えると、司に抱き寄せられた。


「はぁ〜、マジで嬉しい。」


ギュウギュウ抱きしめられて…く、苦しい。


「苦しいよ…。」
「悪りぃ。嬉しくって、つい。」


力を緩めてくれたんだけど、喜びを全面に出している司がすごく可愛くって、クスクスと笑ってしまった。


「つくし、キスしていいか?」

「えっ…////」


今付き合うってなったばかりなのに
どう返事をしたらいいのか困っていると…


「我慢できねぇ。キスするぞ。」  


両手であたしの頬を包み込んで、顔を寄せてきたので恥ずかしくなってキュッと目を閉じると同時に唇が重なった。


あたしの唇に触れた司の唇は少しだけ冷たくて、気持ちいい。

数回キスをして、唇が離れたかと思ったら『もう一回…』と再び唇が重なった。


今度はふんわり温かい感触…
さっきより長いキス。


「んんっ…」


頭が付いていかなくてそろそろ限界…
唇が離れ、そのままぽてんと司の胸に顔を寄せた。


「ドキドキ言ってる…。」


司の心臓はあたしと同じぐらいの速さでドキドキしていたんだ。


「当たり前だろ。好きな女に触れてるんだから、ドキドキするに決まってるっつーの。」


あたしと一緒なんだ…と思ったら、ちょっとほっとした。



司が本当の彼氏だなんて信じられないんだけど、この優しい温もりが現実の事なんだと実感させてくれる。








いつも応援ありがとうございます♪

--------------
ようやく想いが通じ合いました♡


関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2020/06/15 04:03 編集返信
くるみぼたん
り〇〇様
コメントありがとうございます♪

お互い気持ちが通じ合った瞬間…
やっぱり1番ハッピーですよね♡

カレカノじゃないのに甘々だった二人。
気持ちが通じ合ったら、もっと甘々になるのかな(*≧∀≦*)

くるみぼたん

2020/06/17 08:48 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

訪問ありがとうございます!

プロフィール

くるみぼたん

Author:くるみぼたん
花男の二次小説にハマり、思い浮かんだ妄想を書いてみることにしました。
ホンワカと温まるハッピーエンドのお話をお届けできれば…と思ってます^ ^

大したお話は置いてありませんが、
ブログ内のお話等の無断転載、無断掲載は固くお断りしています。

カテゴリ